坂田信弘のラウンド進化論 バンカーでの線消し練習で左腕を鍛える

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(10月2日号)では「片目打法でミスを修正する」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ10月2日号のラインアップはコチラ!


50歳を過ぎて腕力、握力が落ちてくると、利き手に頼ったスイングになりがちだ。しかし、右手を使えば使うほどにスイングは老いていく。スイングの老いを遠ざけるには、左手の鍛えが必須。左手一本でクラブを振っていただきたい。そこでバンカーでの線消し練習をお勧めする。

左手一本なら体を正面に残したインパクト型がつくれる

 より正確に、より遠くへ飛ばすには、正確にボールをとらえるスイングの存在が基本中の基本となる。正確というのは、フェース向きや入射角、球をとらえるタイミング、そしてヘッド軌道で形成されるものだが、この4つがそろって初めて、「正確なインパクト」が実現する。

 この4つをつくるのは無駄の少ない、そして効率性の高い体の動きであり、その動きをスイングというが、正確なインパクトのために、われわれは「線をつぶせ」と教えられてきた。バンカーの中に1本の線を引き、素振りをしながら前に出て、ヘッドでその線を消していく練習である。同じ場所にヘッドが下りれば、線は消えていく。ヘッドの正確な動きをつくる線消し練習なれど、しかし、正確に打とうとすればするほど、ヘッドが入る位置はバラバラになっていった。

 そして集中力不足と思い、線消しに必死になればなるほどスイングは小さくなっていった。そして小さな振りで球を飛ばせる距離は10ヤードまでだった。だが、正確なる線消しのためには小さなスイングになるのをいとわなかった。

 両手で打っても難しい。右手一本で振ったのでは、なお難しい。しかし今は分かる。左手一本で振れば、慣れるうちにヘッドの入る位置がそろっていくことに。

 両手、右手、左手のうち最もやさしいのは左手一本での振りであり、次が両手で振ったときであり、難易度が高いのは右手一本での振りであった。なぜか。右手で振ろうとすれば、体が前へ出る。両手で振っても右手の動きが影響して、体が開きやすくなる。ところが左手で振ったときは、体が正面に残る。

「体の正面で打て」「インパクトはアドレスの再現」といわれるが、それは「正確なインパクトを目指せ」と同意義だ。開きすぎはスライスを生む。ただ逆に閉じすぎは、アプローチのときにだけ生じる動きであった。左手一本のバンカーの線消し練習で、体の開かぬインパクトをつくってもらいたいと思う。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ