坂田信弘のラウンド進化論 50パーセントの結果を求めよ

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(9月11日号)ではアプローチはフォローを出さないを掲載!
その他の週刊パーゴルフ9月11日号のラインアップはコチラ!


常に最高の飛距離が出て、左右にも曲がらず、ピンを狙えばすべてが3メートル以内のベタピンゴルフ。そして1パットでのホールアウト。このような夢も理想をも飛び越えたゴルフは、ツアートッププロにもできはしない。ならばわれわれは、どんなゴルフを目指せばいいのか。スコアをつくるには、50パーセントの結果を求めることがカギとなっていく。

塾生は50パーセントを目指して成長した

 ゴルフは理想100パーセントの結果を求めるゲームではない。かといって、理想0パーセントの悪い結果を回避するゲームでもない。100パーセントと0パーセントの真ん中、理想50パーセントの結果を目指すゲームだと思う。

 古閑美保や上田桃子ら、坂田塾生たちにも教えてきた。古閑たちが初心者のころだ。

「グリーンを狙うセカンドショットで、最高の結果は何だ」

 と聞いた。

「グリーンに乗せることです」

 最低の結果は?

「グリーンに届かないことです」

 真ん中の結果は?

「グリーンに乗らなくても、ピンに向かってアプローチができる位置に運ぶことです」

 と答えた。だったらその真ん中の結果である50パーセントを求めていけ、と教えた。そして、1年過ぎると「最高の結果は7メートルに寄せること」「最低の結果はグリーンを外すこと」「50パーセントはピン10メートル」といってきた。意識と目標と結果の姿が、はっきりと表れてきたときだった。

 ジュニアの大会に出るようになれば「最高は5メートルで最低は10メートル」「真ん中は7メートル」。そして、プロになったら最高の結果は3メートルというようになっていた。18ホール全部をピンそば3メートルにつけられれば、アンダーパーしか出ない。それがプロにとっての最高のゴルフというわけだ。己にとっての最高のレベルを上げることで、塾生たちは進歩していった。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ