坂田信弘のラウンド進化論 心の球筋を持て

球のどこを見るかでフォローが変わる

 球の上を見れば低い球筋が生じて転がり球の出る理由は、上を見ることでアドレス時に体が起き上がり、クラブを長く使おうとするためだ。底を意識すれば前傾は深まり、クラブを短めに持つことになる。クラブを長く持つとシャフトのしなりで球が浮くかというと、そうではない。長いものを振れば球は低くなる。ドライバーがいい例だ。ヘッドのスピードが弱いと、シャフトが長いほど球は低く出ていく。

 球の上を見て打てば、フォローで腕が伸びる。このスイングから生まれる球筋はドローである。逆に球の底を見て打てば、フォローで腕をたたむことになり、打球はフェードとなる。「心」の球筋をつくる。球の上を意識すれば、打ち出された球はドロー球質で低く出ていく。球の底を意識すれば、ポッと浮いて止まる球となっていく。球質はフェードである。

 過去、カットに打ちたいときはフォローで左ヒジを引け、といわれてきた。それは正しい教えであった。ドローを打つにはフォローで両腕を伸ばさねばならず、引いてしまえばスライスが出る。

 ちなみに「ドローとフェードの打ち分けにはヘッド軌道を変えなくてはならない。ドローはインサイドアウトに振れ」という教えがあるが、これは間違い。ゴルフは体を回してクラブを振るのだから、インサイドアウトなんて軌道はない。ヘッドは緩やかな曲線を描きつつインサイドから球に向かい、再び緩やかな曲線でインサイドへ抜けていくインサイドインの軌道をつくる。このとき、限りなく直線に近いインサイドイン軌道であれば最善。この曲線が急角度になったりすれば、球は曲がる。

 内から外へ振り抜いていく軌道もまた、不自然な軌道といえる。自然であるのは、直線力を強く持つインサイドインのヘッド軌道だ。

 ドローを打つにはフォローで両腕を伸ばす。フェードを打つにはフォローで左ヒジをたたむ。そして球の上を見れば自然と腕は伸びるし、球の底を見ればフォローで腕はたたまれる。

「心」の球筋、「技」の球筋、「体」の球筋。すべては理論で解明できる球筋でありました。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ