坂田信弘のラウンド進化論 正中線を回してスイングを拡大せよ

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(8月7・14日合併号)では「左手首の小さな変化で球筋を変える」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ8月7・14日合併号のラインアップはコチラ!


50歳を過ぎると飛ばなくなった、曲がるようになったとの悩みは増す。それまで悩みは飛ばないか、曲がるかの一つであった人がだ。その原因はスイングの縮小にある。スイングが小さくなり、トップとフィニッシュが低くなることで、切り返しや体重移動のタイミングが取りにくくなり、スイングのバランスが崩れるのだ。小さくなったスイングを拡大するには、正中線を回すことを意識していただきたい。

体の中で最もスムーズに回るところを探し出し、そして回す

 50歳を過ぎると、トップスイングもフィニッシュも小さくなっていく。振り下ろしのスタートとゴールの位置が小さくなれば、スイング全体が小さくなるは必然。しかれば、飛距離も落ちていく。

 スイング縮小の弊害は、飛距離減にとどまらない。タイミングを取ることが難しくなっていく。トップからの切り返しも体重移動も、大きなスイングならばタイミングを取りやすい。小さなスイングでタイミングを合わせるのが難しくなるのは、アゲンストのときだ。

 50歳を超えてのゴルフで最も困るのは、アゲンストにおけるスイングの乱れである。風がフォローならば、20代でも50過ぎでもいいスイングができる。ところがアゲンストになった途端、スイングが悪くなる。風に負けまいと余計な力が入る。

 アゲンストになるとリキんだり、両肩の回転の動きにぎこちなさが生じる。その結果、芯で球をとらえられなくなり、突然、予測外、想定外のチーピンやスライスが出たりする。そしてそのミスの残像が気持ちの中に強く残り、ミスの後の振り抜きが悪くなっていく。

 年を取ると飛距離は落ち、方向性は悪くなっていく。すべてはバランスを崩したスイングが原因だ。

 バランスを整えるにはスイングを大きくすればいいが、肩を回そうが腕を回そうが、スイングは大きくならない。本人は大きく回しているつもりでも、一向に変わらない。むしろ無理に回そうとすればするほど、バランスは崩れていく。スイングスピードを上げるのも同じこと。速く振っているつもりでも、速さはちっとも変わらない。

 ならばどうするか。体の中で、スムーズに回るところを回せばいいのです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ