坂田信弘のラウンド進化論 パー3は真上から落としにいく思考を基本とす

50歳を過ぎると、筋力や柔軟性、瞬発力や反射神経など、体のあらゆる部分がピークのころとは変わってくる。それに対応するには、ゴルフに対する考え方(=ゴルフ脳)を、50歳以上仕様に切り替えることです。

『坂田信弘のラウンド進化論』は、週刊パーゴルフにて連載中!
最新号(7月24・31日合併号)では「軸足のヒザ裏をもんで、傾斜ショットに臨む」を掲載!
その他の週刊パーゴルフ7月24・31日合併号のラインアップはコチラ!


パー3は手前から攻めよ、といわれてきた。難度高きホールもだ。だが、手前からの攻めがゴルフを難しくすることは意外や意外、多いのである。ゴルフをやさしくする基本思考は、てっぺんから真下に落とせだ。真上からの攻めならば、グリーン周りに何があろうと関係ないのであるから。

常に手前から攻めようとするとゴルフは難しくなる 特にパー3は……

 練習場での練習、いいスイングを追い求める方は多い。だが、その考えは過去の常識であり、アマの方の常識でもあるが、プロの常識ではないのです。プロにとっての練習場は自信を持って打てるクラブを生む場であったし、今もその考えに変化はなしだ。

 初心の方はラウンド時、まずは全ホールトリプルボギーを目指していけばよい。18ホール中9ホールをトリプルで回れるようになったら、次はダボを目指す。そして、ボギー、パーというように目標スコアの設定レベルを上げていく。

 このとき目標に設定しているスコアがトリプルボギーの段階であっても、パー3ホールだけはボギーに抑えたい。

 なぜならばスコアをつくる要となるは、パー3ホールであり、トリプルボギーをたたく方でもパー3のボギーは出しやすいからだ。パー3をいかに大たたきせず上がるか。

 パー5は、ダボもたたくがバーディの期待も持てるというホールなのに対し、パー3ではバーディを取りにいく必要はない。ただし、ダボやトリをたたけばいいスコアはつくれない。ゲームの流れも悪くなる。パー3は大たたきの許されぬホールなのです。

 しかし、パー3のグリーンを見れば、バンカーや池などハザードが待ち構えているものだ。どう打てばいいかと、頭を抱えたくなる。

 そんなときは、空を見ればいい。

「パー3は手前から攻めよ」の教えが、ゴルフを難しく複雑にしていると思う。ゴルフは手前から攻めるルートを考えると難しくなるばかりだ。グリーン手前も左右も奧も関係なく、ただ真上から落とせばいいとの発想がアマの方の領域でなぜ育たなかったのか、その理由が分からない。まずは飛ばせ、方向性の確保はその後だ、と同じ発想であったのか。いずれにしても手順前後となる発想ではありました。

 パー3は、てっぺんから真下にボールを落とすつもりで打っていただきたい。

 できる、できぬ、を考え、問うのではなく、真上に打っていくの意識を持てるか持てないかが、何よりも大切であると思う。意識は変化を生むし、変化は進化を生んできた。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ