匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【崎山武志2】



アイアンが絶不調の日
リキまずに振る感覚を素振りで取り戻そう


引っかけてばかり。ならばフックで攻めるのが崎山流

 コースでアイアンのミスショットが止まらない。打球が散らばってラインが出せない、きちんとミートできずに本来の飛距離が出せないなど。皆さん、よく陥ることでしょうが、ボクもしょっちゅうあります。まぁ、ボクの場合は、大抵引っかけ気味の左に曲がる球筋の連発に悩まされるんですけどね。

 その原因は、バックスイングの肩の回転が浅い、ダウンスイングで上体が突っ込んでいる、のいずれかなのですが、注意しても修正が利かないときがあります。やはりコースに出ると、ましてや試合となると独特の緊張感に、どうしたってリキミが生じますからね。その中では、そう簡単には思うようにスイングを調整できるものではありません。

 だからそんなときは、もう無理にはあがかずに、目標より右を向いて構え、そのまま左曲がりのボールで攻めていこうと割り切ります。その日の球筋を信じて、というより、ドローヒッター気分で積極的にフックを打っていくんです。経験上、あがけばあがくほどスイングが乱れ、ドロ沼にはまることが分かっているので、スコアメークするにも、そのほうがいいんです。

 前回、ドライバーに関してでしたが、普段からボールを曲げて打つ練習に取り組んでおこう、と提言しました。アイアンについてもしかり。そうすればボクのような対処法が身につくかもしれませんし、何よりもどうすれば意識的に打球を曲げられるかを追求することで、逆に曲がり幅を抑えるすべも知ることができるでしょうからね。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ