匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【室田淳3】

嫌な予感がしたら、PWや9番アイアンで転がし寄せる

 もういいんだ、オレ、シャンクが出ても(笑)。アプローチを覚えたときにウイークグリップで握って、SWのフェースのヒール側からシュッとボールの下に入れていたんだよね。すると打球がフワッと上がって、ピッピッと止まる。でも、時代に合わせてフックグリップで握るようにしてから、それがスムーズに打てなくなった。特に逆目と左足下がりのライとなると、なんかネックが出てボールに当たっちゃうんだなぁ。

 スタンスをクローズにしたり、手元の位置を変えたり、いろいろと試したんだけど、どうしても出ちゃう。それでもう開き直って、シャンクが出てもしょうがないと思ってやってるわけよ。だから大事な場面で「ヤバい、シャンクが出そうだ」と思ったらSWは持たない。PWとかで転がして寄せるようにしている。

 みんなもアプローチでシャンクが出始めたら、当分の間、PWや9番アイアンで寄せるようにしたらいい。するとシンプルに、ヘッドを低い位置から入れて低く出して打つようになって、ボールにフェースをきちんと当てやすい。そうしてシャンク恐怖症を払拭(ふっしょく)していけば、オレみたいによほど根強いクセがない限り、そのうちSWでも普通に寄せられるようになるんじゃないかなぁ。

 あとはアドレス時のボール位置にも要注意。あまりに右足寄りすぎると、手元ばかりが先行したり、ヘッドが上から入りすぎてピシャっとしやすいからね。基本的にはスタンスを狭めて、ボールを体の中心に合わせてセットするのが一番いいよ。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ