匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【鈴木亨2】

ショット不調時はスタンスの向きをチェックするといい

 とはいえ、諦めるだけでは心もとない、もっと前向きにショットを立て直す方法はないのか? と問われれば、やはりアドレスを見直すことでしょう。これもボクの持論ですが、ショットの成否は、アドレスが大きな比重を占めると思います。

 先に、コースはスイングを崩すところだと申し上げましたが、それはアドレスも含んでのこと。実際コースでミスが続くのも、スイングどうのこうのより、アドレスに狂いが生じて、きちんと構えられていないケースが多いのです。

 例えば、スクエアに構えているつもりで右を向いていたとしたら、簡単な話、アウトサイドイン軌道のスイングになったり、目標よりも右に振ることになるわけです。結果、ミスヒットを招いたり、ボールをあらぬ方向に飛ばしてしまうのです。アマチュアの皆さんに、よく見られるパターンです。

 プレーの合間にでも何かしら目標物に対して構えたら、スタンスの向きなりにクラブを置いてみましょう。そして後方に回って、そのクラブが目標ラインと平行になっているかをチェック。クラブが目標方向を指していたらいけませんよ。それでは右を向いていることになりますからね。

 または、先にクラブを目標ラインと平行に横たえておいて、そのクラブに合わせて構えるのもいいでしょう。それらを何度か繰り返し、肩のラインを含め、スクエアに構える感覚を取り戻すのです。そうすればかなり高い確率でミスの連鎖反応も食い止められるはずです。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ