絶対に100をたたかない もりモリ総研 vol.38 ゴルフのうまい人が知る「ボギーの尊さ」




週刊パーゴルフ最新号(12月5日号)では、
「ミスショットがよく出る人は『気持ちの整理』ができていない」をレクチャー
ぜひともご一読を!
その他の週刊パーゴルフ12月5日号のラインアップはコチラ!



ゴルフのうまい人は「ボギーの尊さ」を知っている


「また、3パットしちゃったよ~」。そう嘆いてばかりいる人は、自分はパットが下手だと思い込んでいます。でも決してそうではなくて、ボギーで上がることを軽視しているところに問題点があるのです。

パーパットを必死に入れにいくと、ボギーも取れなくなる

必ず入れないといけないと強く思うことも必要だが、最悪の結果を回避しているのがプロゴルファー
必ず入れないといけないと強く思うことも必要だが、最悪の結果を回避しているのがプロゴルファー 【拡大】
 1メートルのパーパットを外してしまったとき、あなたはどんな心理状態になるでしょうか?

「ちぇっ、ボギーかよ」。アベレージゴルファーの9割近くは、そのようにガッカリしてしまうことでしょう。アマチュアの方々のラウンドレッスンをしていても、プロでもなかなかカップインできそうもない5メートルのボギーパットが入れば、「やった、ナイスボギーだ!」と大喜びするのに、簡単に入りそうな距離のパーパットを外すと、不平不満をこぼす人がとても多いのです。

 結果は同じボギーでも絶好のパーパットを外してしまうと、損したような心理になってしまうのでしょう。でも、ボギーで上がれることは、本来はとても喜ばしいことですし、スコア的にも立派なものです。

 100や90がなかなか切れない人は1~2メートルのパットを必死になって入れにいこうとします。強めに打って届かせようとしたところ、カップを外して2メートルも3メートルもオーバー。結局、返しのパットも入らず、ダブルボギーやトリプルボギー。そんな悔しい思いをしたことが何度もあるでしょう。ボギーを嫌がって、強引にパーを取りにいこうとするから、結果が裏目に出るのです。

 ジョーダン・スピースやロリー・マキロイら世界の超一流プレーヤーだってボギーをたたくこともあります。自ら招いたピンチから、「あー、やっちゃったな」という表情を浮かべながらも、その一方で「よしっ、ボギーで上がれたぞ!」という安堵(あんど)も気持ちのどこかにあるはずです。

 ボギーを軽視してはいけません。1メートルのパーパットを外してガックリするのはもうやめて、ボギーで上がるのは本当はすごいことなのだということを理解することが重要です。シングルゴルファーはラウンド経験を通して、ボギーの尊さを理解しています。アベレージゴルファーの大半は、必死でパーを取りにいこうとしているのに対して、ゴルフのうまい人はボギーを必死で取りにいくことを優先します。

 1~2メートルの下りのパーパットを「ボギーでいいや」と思ってジャストタッチで打てる人がゴルフのうまい人であり、シングルハンディになれる人です。

 なかなか100や90が切れない人は、ボギーというスコアが持つ意味を、もう一度見つめ直してください。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ