匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【長谷川勝治4】



難度の高いパー3
グリーン手前から寄せワン狙いが確実


池に入ったら入ったでしょうがない、の姿勢で臨むのが大事

 パー3で何が一番難しいかといえば、やっぱりグリーン手前に池がある場合ですね。グリーンの横にある池というのは、逆サイドやグリーンの手前に逃げ場がある。でも、グリーン手前の池は、どうしたって越すしかないですからね。試合となると、ピンまで120~130ヤードくらいの短い距離でも、かなりプレッシャーがかかりますよ。

 実際、レギュラーツアークラスのプロでも、150ヤードくらいのパー3でグリーン手前に池、ピン位置がグリーン手前の状況では、まず奥めにオンさせてきますからね。優勝争いの終盤、そうしたパー3があって、もうこの辺りで追いついておかないとマズイってときでも、なかなかピンデッドに攻めていけるものじゃありません。もう本能的に、池には入れたくない、という気持ちのほうが勝ってしまうんですよ。

 このケース、何かしら皆さんに、池を視界から消してプレッシャーを軽減させるおまじないみたいなものをお伝えしたいところですが、残念ながら私自身、この年齢になっても発見できずにいます(笑)。ただ、あまりに池に入れたくないと怖がってばかりいては、スイングも中途半端になりがち。手打ちとなってダフり、逆に池ポチャを招きやすくしてしまいます。したがって、後先のことを考えずに、目の前のボールに集中。それで池に入れたら入れたでしょうがない、と割り切り、躊躇(ちゅうちょ)なく振ることを心がけるのが一番です。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ