匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【田原紘4】



ティショットをミスした後
OBを打ったらスタンスの向きを疑え


ミスヒットの後、即、挽回を望むとミスを重ねる

 まずは、パー4のドライバーショットで打ち損ね、チョロ気味の当たりとなったとしましょう。まだグリーンまでは300ヤード以上あります。次打は3番ウッド、もしくは5番ウッドで飛距離を稼ぎ、1打目のミスを取り返したいところです。

 でも、ちょっとお待ちを。あなたはたった今、ドライバーとはいえ、同じウッド系クラブでミスをしたばかりなのです。そこで続けざまにウッドを使えばミスを上塗りする確率が極めて高く、決して賢い選択とはいえません。ミスをする→挽回しようとして大きなクラブを使う→さらにミスを重ねる→大たたきを招く、は、アマチュアゴルファーが最も陥りやすい図式です。

 したがってこのケース、飛距離を欲張らず、確実に前進できるクラブを手にして打つのが無難です。今どきは、ユーティリティークラブが一番楽に打てる、という人も多いと思いますが、もうホールアウトするまで大きなミスを犯したくない、ということを第一に考えれば、6、7番アイアン辺りがお勧めクラブ。それでも300ヤード少々の距離なら十分3オンでき、パーセーブのチャンスも残せるはずです。

 ティショットのミスは、一気に挽回しようとせず、何打かに分けて取り返す。そう考えられるようになれると、平均スコアを今より格段にアップできること請け合いです。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ