匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【矢部昭2】



スタート前の練習
ボールを打つ以前に準備運動をしっかりと


わざわざスイングを乱す練習をしているアマチュアが多い

 アマチュアの人は普段の練習からして、分かってないなぁということが多いね。よくいるのが、人工マット中央近辺の芝がすり減ったところばかりにボールを置いて打っている人。みんながそこで打っているから、自分もそこで打たないといけないとでも思っているのかねぇ。

 薄芝から打つ練習に取り組んでいるというのならそれでもいいですよ。でも、そうじゃない。しゃくり打っているんだから。「あんた、そんなへこんだところにボールを置いて打ちづらくないのかい?」と聞くと「あっ、なるほど」というしね。

 うまい人の練習を見てごらんなさい。必ずマットの芝がフカフカしたところにボールを置いて打っている。そのほうがいいスイングをつくれるし、いい練習にもなるって知っているんだよ。

 それとね、練習場にも風が吹いて、打球に影響を与えるということが頭に入っていない人も多い。左から風が吹いているのに、スライスする、とムキになって真っすぐ飛ばそうとしたり、アゲンストなのに、飛ばない、とリキみまくっている。頭が悪いよね。そんなんじゃ、せっかくの練習もスイングを乱すだけだよ。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ