匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【矢部昭1】

できないことをしないだけでもスコアは十分上がる

 もうひとつ、コースマネジメントというか、スコアをまとめるのに大事なのが、できないことをやらないってことです。それは私が若いころに教わって、今でもずっと頭に入っていること。できないことをしているから下手なんだ、できないことをしなければうまくなれるぞ、ってね。

 私が教えている生徒さんに、3番ウッドを苦手にしている人がいます。それでも「プロ、コースで3番ウッドをバシッと打てるようになりたいんです」というので「やめときなさい。5番ウッドは当たるんでしょ? それならたまにしか当たらない3番ウッドなど使わずに5番ウッドで攻めればいい」とアドバイスします。すると「いやぁ、どうしても打てるようになりたいんです」というので「だったら3Wと書いてある4番ウッドを使え。打てないクラブを持っていたって何の得にもならん」といってやります。

 これがなかなか納得せんのですな。苦手なクラブを克服したいという気持ちは分かるんですが、みんな、できないことをやりたがる。だから「どうしてもコースで使いたいのなら、ライがよくて、フェアウエーも広く、ミスしても目標スコアに達する余裕のあるときのみチャレンジしなさい。イチかバチかの場面ではいかんよ」と妥協案を出します。

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ