匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【芹澤信雄4】



距離の長いパー4
心底、ボギーでもパー、パーならバーディだと思え


自分が苦手とする状況のホールを素直に認める

 ボクはローボールヒッターだけに、グリーン面が見えない砲台グリーンのホールが大嫌いです。短いクラブで狙っていけるならまだしも、距離があって、長いクラブで打つとなると、正直お手上げです(笑)。

 だから高弾道で打てるパワーヒッターを羨(うらや)ましく思います。でもその半面、みんなが嫌がる風が強く吹く日のラウンドでは自分の持ち味を発揮できるし、ラフを伸ばしてフェアウエーが絞られているコースも、打球が低いぶん、曲がり幅が少ないからあまり苦にならずに上位で戦える。ゴルフってうまくできてますよね。

 それはさておき、そのほか例えば、OB杭(くい)がやたらと目に入るホールだとか、アップダウンがあるホールだとか、ドッグレッグホールなど、皆さんにも、何かしら嫌だなぁと感じるホールというのがあるはずです。本当はそんなこと意識しないほうがいいのかもしれませんが、ボクは逆にしっかりと自覚すべきだと思います。そうすれば苦手を克服するべく練習にも精が出るし、何よりも、いざコースで直面したとき、攻守の切り替えができるというか、無理せずに攻めていけるようになるでしょ。

 ボクも砲台グリーンのホールでは、やみくもにピンを狙わず、グリーンに乗りさえすれば御の字、と大ケガを回避するべく守りに徹します。スコアメークするにも、そうしたほうが賢明ですからね。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ