匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【芹澤信雄3】



コンペで実力が出せない
自分のプレースタイルを把握しておくことが大事


自分の実力の過信がプレーリズムを狂わすケースが多い

 アマチュアの皆さんにとって試合ともいえるコンペや月例競技。その日に備えて準備もそれなりにしてきた。いいスコアで回りたい。ところが一度躓(つまず)くとミスが続いて、いつも自分本来の実力を出せずに終わってしまう……。そんな本番の弱さをどうすれば克服できるか!?

 まぁ、メンタルを鍛えるしかないといってしまえばそれまでですが、その前にご自身の実力っていかがなものなのでしょうか? 普段はあまりOBも出さないし、大ダフリすることもない? もっといいスコアで回れている? 本当にそうなんでしょうか? 意外と自分の実力を過信されてはいませんか?

 例えば冬時季、気温が低ければ重ね着しているとあって、飛距離は絶対的に落ちるものです。ところが多くの人がそれを認めようとせずに、強引に飛ばそうとする。だからリキんでミスしてしまう。

 フェアウエーからのショットでも、ライや傾斜によってダフりやすい状況があります。そんなとき、ワンクラブ上げて軽く打てばいいものを、何が何でもクリーンヒットしようとする。結果、大ケガを招く。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ