匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【井戸木鴻樹4】



グリーン周りでの心得
しゃかりきに寄せにいかず、ボギー覚悟くらいがいい


パーが取れたらラッキーで臨めば手痛いミスも減る

 パー4、フェアウエーのド真ん中から放った第2打を曲げて、グリーンを外した後のアプローチ。ライさえよければそこそこ寄せられそうな状況ですが、あいにく薄芝にボールが止まってしまいました。うまくヒットしないとチャックリしたり、トップしそうです。でも、何としてもピンそばに寄せてパーを取りたい……。さて、そんなときどうするか!?

 結論から申し上げます。ボギーを覚悟して寄せていきましょう。それで、もしパーが取れたらうれしいな、といった心構えで臨むのです。

 本当はもっとしゃれたアドバイスをしないといけないのかもしれませんが、ピンにきっちり寄せたいと気が急(せ)いたところで、なかなかうまくいくものではありません。かえって腕や肩がカチカチにこわばって、手痛いミスを犯しがち。パーチャンスを喪失することになるでしょう。

 それに、そもそも第2打でミスしてアプローチを強いられているわけですから、ボギーも致し方ないところ。ある意味、パーを拾えたらラッキー、というのは正しい考え方といえます。増してや薄芝でライが悪く、うーん、これは寄せるのが難しいなと感じる状況であれば、ボクでも大抵は失敗して、あー、やっぱりダメだったか、とガックリすることがほとんどです。

 したがってこのケースはピンに寄せることより、多少カップまでの距離を残そうと、取りあえず確実にグリーンに乗せておこう、とアプローチするのが賢明です。すると腕の動きもスムーズに、そこそこ寄せられるはず。あとはパットで勝負です。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ