絶対に100をたたかない もりモリ総研 vol.18 傾斜からのスイングで見極めることとは?




週刊パーゴルフ最新号(7月11日号)では、
「自分のプレーに期待するより『心の準備』をしておこう」をレクチャー
ぜひともご一読を!
その他の週刊パーゴルフ7月11日号のラインアップはコチラ!



傾斜からのスイングではボールの後ろの空間を見極める


前回に続き傾斜地からのショットについて解説します。今回は左足上がりと左足下がりです。傾斜に適応したアドレスとスイングを実行するだけでなく、コースマネジメント面の注意点もしっかり頭に入れておきましょう。

クラブヘッドが入るスペースの有無で、アイアンの成否は決まる

 左足上がりのショットも左足下がりのショットもできるだけ傾斜と平行に立つ感覚で構えるのが基本となります。

 左足上がりの場合は低いほうの右足に体重を多く乗せますが、上体が右に傾きすぎないように注意しましょう。そしてアドレスの右足体重のままでバックスイングし、ダウンスイングからは平地と同じように体重を左足に移動させます。体重が右足に残ったままではすくい打ちになり、ダフリやトップが発生しやすくなります。重心が左足に移動し、クラブを振り抜いてから重心が右に戻ってくるイメージでスイングすればミート率が上がります。

 左足下がりは低いほうの左足に体重を多く乗せやすくなります。これは斜面に沿ってスイングするだけで長いインパクトゾーンをつくりやすい利点につながります。ところがボールを上げたい心理が働きやすい状況でもあり、インパクトで手首をこねたり上体が右に傾いたりするとトップやチョロ、シャンクなどのミスを誘発させてしまうことになります。

 左足上がりはボールの手前の上下のスペースが広いため、一般のアベレージゴルファーにとっては一番やさしい傾斜地ともいえます。本来はきちんと打たないといけないのですが、ボールを低くティアップしているのと同じと考えていい状況ですから、下からすくい打ってもナイスショットが打ててしまう可能性が高いのです。

 ところが逆に左足下がりはボールの手前のスペースが平地よりもずっと狭いため、ヘッドをしっかり傾斜に沿って上から正確に入れないとナイスショットが打てません。極論すればインパクトゾーンの長いスイングが身についていないと、左足下がりの傾斜地を克服することはできないのです。左足上がりは打てるけど、左足下がりはさっぱりダメという人は、スイングの完成度が低いといわざると得ません。
左足上がりはボールの手前側が広く、ヘッドをやや下から入れる感覚。左足下がりはボールの先が広いのでヘッドを低く長く振り抜くイメージ。
左足上がりはボールの手前側が広く、ヘッドをやや下から入れる感覚。左足下がりはボールの先が広いのでヘッドを低く長く振り抜くイメージ。 【拡大】

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ