匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【水巻善典3】

1メートル前後のパッティング練習が相乗効果をもたらす

 加えて、(2)の1メートル前後のパッティングに自信をつける、が大事となります。せっかくピンそばに寄せても、次打でカップインさせないことには意味がありませんからね。

 ショートパットを苦手にするアマチュアは多いですが、1メートル前後であれば傾斜や芝目を無視し、カップをストレートに狙っていける距離。特に難しい技術を必要とはしません。練習すればするほど上達するし、ゴルフでは一番小さな振り幅なだけに、カップを外したときも、なぜ外れたかの自己分析ができるでしょう。

 そうして自分に合った打ち方を確立し、確実にカップインできるように練習を積む。そうすれば入れごろ外しごろといわれる1.5~2メートルくらいの距離でも、カップインの確率を高められること必至です。

 さらに、ショートパットに自信を持つと、その前のアプローチでも、カップの縁にピタリと止めなくてもいい、との余裕が生まれます。結果、腕や肩の力が抜けて、よりピンそばに寄せられることが期待できます。

 それには、あらためて申すまでもなく、プレー当日の朝、慌てて練習グリーンで精を出しても事足りず、日ごろの練習が必須です。そうそう練習できる環境や時間もない、といわれそうですが、1メートルほどのパッティング練習なら、わざわざパターマットを広げるまでもありません。カーペットで転がすもよし、それでも十分効果が得られます。何らかの知恵を使ってボールを転がす場と時間を設けるようにしてください。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ