匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【水巻善典2】



ナイスショット率を上げる
肩を回そうとしない 頭も残そうとしない


必要以上に肩を深く回すとヘッドの走りを悪くする

 前回、コースと相対するには迷いや不安を払拭(ふっしょく)して、クラブをしっかり振ることを忘れないでほしい、とお話ししました。極論すれば、狙いどおり方向性よく打てるようになれば、取り立ててコースマネジメントなど必要なくなるわけです。そうしたゴルフを目指すうえでも、どんな状況であれ、常にしっかり振ることを心がけてください。

 しかし皆さん、果たしてしっかり振るとはどういうことか、あまり理解されていないと思います。それ以前に、勘違いした知識を植えつけてクラブを振っている人がほとんどです。本来、このコーナーはコース攻略術を語るべきところですが、今回はあえてその辺りの話をさせていただきます。

 まず、しっかり振るためには、バックスイングで肩を深く回さなければならないと思っていたら、それは大きな勘違いです。前回も触れましたが、クラブをしっかり振るとは、大きく振るというわけではありません。インパクトゾーンでヘッドを走らせることが肝心なのです。それを目的とすれば、肩を深く回す必要はないし、無理に回せばかえってヘッドの走りを悪くすることに気づかれるでしょう。

 トッププロのスイングを映像やゴルフ雑誌などで見ると、みんなトップで肩が90度以上回っています。でも、結果的にそうなるだけで、誰も肩を回そうとは考えていません。もし、肩を回そうと意識している選手がいたら、その選手が上位に入ることは不可能です。

 バックスイングで肩を90度以上回さなければいけないといった決まりなど、どこにもありません。人それぞれ、年齢、性別、体の硬さ、骨格等も違えば、ゴルフ以外のスポーツ歴の違いもあるのですから、トップの位置も人それぞれでいいのです。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ