匠の戦略思考に学ぶ極上のコースマネジメント術【羽川豊編2】



同伴競技者にもヒントあり
“人の振り”見て“わが振り”よくする

自信を持って臨めるショットがコースの攻め方の幅を広げる

 例えば、フェアウエー右サイドがOBだったり、グリーンの右サイドに池があったりバンカーがあるようなケース。そこで、絶対に右には行かせない、と左を向いて打ったにもかかわらず、ボールは打ってはならない右のゾーンへと吸い込まれていった……。皆さん、ご経験されていることでしょう。

 たまにゴルフ雑誌などで、そうしたことが起きる理由と対策をあれこれ取り上げたレッスン記事を目にします。時にはメンタル面にも話が及んでいるものもありますが、やはり、スイングに不安を抱えているがために起きる現象だと言い切れます。

 別の表現をすれば、どのように体を動かし、どうスイングすれば、ボールを狙ったところに運べる確率を高くするのか、それが分かっていないということ。だから“右に行かせたくない、でも左に大きく引っかけるのも嫌だ、それより先にきちんとミートしなければ”といった心の揺れ動きがスイングに表れ、打球をあらぬ方向に飛ばしてしまうのです。

 それではコースマネジメントどころの話ではありません。戦略的なプレーを展開するには、やはり最低限、自分はこういう体の使い方をして、こうしてクラブを振れば、ある程度ボールを狙ったところへ打てる、といったものをつかんでおくことが先決でしょう。

 それは何もドライバーやアイアンでなくても、アプローチやパッティングだってOK。得意とするクラブでのショットを磨くなどして、何か一つでも自信を持って臨める打ち方をつくるようにしてください。そうすれば心の持ち方も大きく変わり、スイングにも好影響を及ぼすこと必至です。

 例えばグリーン右サイドに危険ゾーンがあるケース、小技に自信を持てるようになると、左から寄せていけばいい、との余裕が生まれます。すると、グリーンの左を狙ったショットはそのとおり飛ぶようになり、右に大きく曲げることなどなくせるものです。

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ