ドライバーが飛ばない人は必見! 左肩リードでドローが打てる vol.4

1234
今ココ!
5
右肩とグリップの距離を保ったまま下ろすのがコツ

どんなにうまく水平移動&後ろに引く動きができても、アーリーリリースしてしまってはクラブをインサイドから下ろせない。それを確実にするコツは、右肩とグリップの距離感だ。

右手首の角度を保つと右ワキが開かなくなる
 より確実にインサイドからクラブを下ろすためのポイントとして、ダウンスイングでの右肩とグリップの関係があります。トップからダウンスイングにかけて、右肩とグリップの距離を保ったままインパクトを迎えるイメージを持つと、より確実にインサイドからクラブを下ろすことが可能になります。しかも、リキまずに振るだけでリリースは自然とできるため、タイミングを習得する必要もありません。

 注意する点を挙げるとすれば、右手首を甲側に折った角度をキープする意識を持つことです。こうすると右ワキが開きにくくなり、アーリーリリースを防ぐことができます。

グリップを右肩から離さない

トップでできた右手首の角度をキープしたまま下ろせば、右ワキが開きにくくなり、グリップが右肩から離れるのを防げる


右手首を甲側に折った角度を保つイメージ

ハーフウエーダウンまで保つ

右肩とグリップの距離は、実際のスイングでは徐々に離れていくが、この写真のようにハーフウエーダウンくらいまではキープする意識を持とう


アーリーリリースだとグリップが右肩から離れる
アーリーリリースだとグリップが右肩から離れてしまうのが分かる。右ヒジが早めに伸びるということは、アウトサイドインになりやすい

ボールを強く押せる



グリップと右肩の距離が保たれるとインパクトまで右ヒジが伸びないので、ボールを強く押していけて方向性もよくなる


Q. 下半身の動かし方はどうすればいいの?

A. ベタ足でも、右足を蹴ってもOK。「下半身はこうすべし」という制限はありません。左肩を水平移動して後ろに引けば、体重はしっかり左サイドに乗ってくるからです。要注意は、足を使うことによる前傾角度の乱れです。
撮影協力・湘南シーサイドカントリー倶楽部、湘南シーサイドゴルフ練習場(ともに神奈川県) 取材/文・角田柊二
指導/吉本巧(よしもと・たくみ)
1980年8月27日生まれ、兵庫県出身。ゴルフ修業のために14歳で単身渡米。現地でツアープロ、プロコーチを経験する。宮里優作らとともにジュニア日本代表になったこともある。現在は、99ゴルフスクール(神奈川県)を主宰してアマチュアへの指導をする傍ら、テレビ・雑誌など各メディアでも活躍

全5回の連載となります。


週刊パーゴルフ 2014年11月25日号掲載

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ