ドライバーが飛ばない人は必見! 左肩リードでドローが打てる vol.3

123
今ココ!
45
左肩が正しく動けば右肩は弧を描くように動く

左肩の水平移動と後ろへ引く動きは、右肩の動きやヘッド軌道にも関連してくる。正しく右肩が動いているかを、しっかりと確認しておこう。

右肩がスイングプレーンの下を通っているか確認しよう
 右肩が移動する軌道とヘッドが移動する軌道は連動します。そのため、両肩を結んだラインを基準にして右肩が左肩よりも高い位置からダウンスイングに入ったり、右肩が体の前に突っ込んでしまうと、クラブはアウトサイドから下りてしまいます。

 しかし、左肩を水平移動してから後ろに引くダウンスイングでは、右肩は両肩を結んだラインより低い位置に入りやすくなります。するとクラブをインサイドから下ろせるわけです。インパクトからフォローにかけて右肩は、トップで左肩があった位置に戻るのが理想ですから、後方から右肩の動きを見ると弧を描くようになります。

 冒頭で伝えたように右肩とヘッドの軌道は連動しますから、右肩が両肩を結んだラインの下を通れば、ヘッドはスイングプレーンのインサイドから下りてくるわけです。

 右肩の動きが理解しにくい場合は、ページ下のドリルで感覚を養ってみることをお勧めします。

前傾角度をスイング中キープすることは、どんなショットでも絶対条件だ

右肩を高い位置で動かさないようにするためには、左肩を水平移動させることが必要


右肩とヘッドの動きは連動するため、右肩の位置が高くなればヘッドも高く、前に出ればヘッドも前に出てしまう





右肩がスイングプレーンの下を通れば、ヘッドがアウトサイドから下りることはない

インパクトからフォローにかけて、右肩をトップ時に左肩のあった位置に持っていくイメージ


左肩を水平移動させずに後ろへ引くだけだと右肩が上がり、アウトサイドからクラブが下りやすい


右肩の動きを覚えるドリル

クラブを担いで体を回し右肩を両肩のラインより下へ通す
肩甲骨の上でクラブを担ぎ、前傾角度を崩さないように気をつけながら、左肩を水平移動&後ろへ引く。その動きを行う中で、両肩を結んだラインよりも右肩が下を通るように動かす。ただしフォローでの右手は、トップ時の左手のあった位置に戻すのが正しい


写真左から
1.肩甲骨の上でクラブを担ぐ
2.水平なラインより右手が下がるように
3.右肩が左肩より低い位置を通る
4.トップで左手があった位置に右手を持ってくる
撮影協力・湘南シーサイドカントリー倶楽部、湘南シーサイドゴルフ練習場(ともに神奈川県) 取材/文・角田柊二
指導/吉本巧(よしもと・たくみ)
1980年8月27日生まれ、兵庫県出身。ゴルフ修業のために14歳で単身渡米。現地でツアープロ、プロコーチを経験する。宮里優作らとともにジュニア日本代表になったこともある。現在は、99ゴルフスクール(神奈川県)を主宰してアマチュアへの指導をする傍ら、テレビ・雑誌など各メディアでも活躍

全5回の連載となります。


週刊パーゴルフ 2014年11月25日号掲載

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ