ドライバーが飛ばない人は必見! 左肩リードでドローが打てる vol.1

1
今ココ!
2345

\プロみたいにインサイドからクラブを下ろせるようになるぞ/
プロはみんな、ダウンスイングで右ワキが締まり、クラブがインサイドから下りてくる。ドローボールに不可欠な、アマチュア憧れのスイングだ。左肩リードのダウンスイングをマスターすればあなたも簡単に身につけられる、と吉本巧はいう。ボールがつかまらない人は、ぜひチャレンジしてみよう!

撮影協力・カントリー倶楽部、湘南シーサイドゴルフ練習場(ともに神奈川県) 取材/文・角田柊二
指導/吉本巧(よしもと・たくみ)
1980年8月27日生まれ、兵庫県出身。ゴルフ修業のために14歳で単身渡米。現地でツアープロ、プロコーチを経験する。宮里優作らとともにジュニア日本代表になったこともある。現在は、99ゴルフスクール(神奈川県)を主宰してアマチュアへの指導をする傍ら、テレビ・雑誌など各メディアでも活躍
ハーフスイングのフォローで
左肩を後ろへ引くだけでドロー回転がかかる


「左肩リード」理論を皆さんも実践できるように、吉本に分かりやすく解説してもらおう。まずは、ハーフスイングからだ。
誰にでもドローボールが打てることが分かる
 ドローボールを諦めかけている人は、次の二つのステップを試してみてください。
(1)ドライバーを持ってハーフスイングを行い、ボールを真っすぐ打てるようにする。

 アベレージゴルファーならば、難しくはありません。カット打ちの人でも、徐々に手を返すようになり、真っすぐ飛ぶようになるはずです。

(2)(1)のハーフスイングのフォローで、左肩を後ろへ引く動きをプラスする。

 自然にボールをつかまえる動きが強くなります。何度か続けていくと、自然にフェースを返す動きが強くなっていくのが分かるでしょう。これによって、ボールにはドロー回転がかかっているわけです。

 試してみると分かりますが、簡単にボールは左へ曲がるようになります。ここでは、左肩を後ろへ引けば、誰にでもボールにドロー回転を与えることができる、ということを知るだけで十分です。
STEP1.ハーフスイングで真っすぐボールを飛ばす
ドライバーでハーフスイングを行い、ボールが真っすぐ飛ぶようにしよう。ボールが曲がってしまうという人は体から力を抜いて、リズムよく振ることを心がけてみよう。できるようになったらSTEP2へ

STEP2.ハーフスイングのフォローで左肩を後ろへ引く
STEP1のハーフスイングに、フォローで左肩を後ろへ引く動作を加えてみよう。すると、ボールは左へ曲がるようになるはずだ。ボールが左へ曲がれば、あなたにもドローを打つ素質は十分にあるという証拠。リキまず、前傾角度をキープすることを意識して行うのがコツ


フォローで左肩を後ろに引くと、ボールは真っすぐ飛び出してから左へと曲がっていく。このボールが打てるということは、きちんとしたドローも打てる。 自信を持って次回のレッスンへ!
全5回の連載となります。


週刊パーゴルフ 2014年11月25日号掲載

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ