パッティングはボールから離れて構えよう

パッティングは離れて構える
懐が広くなってスムーズなストロークができる
アプローチの延長として考えよう


アプローチの延長で目標方向にヘッドを出す
 ボールから離れて構える手順としては、腰にハリが出ない程度に上体を前傾し、腕を脱力した状態で垂らします。飛球線方向から見て、ヒジは曲がっていて構いませんが、手元が肩の真下にくるところでグリップを握ります。クラブを持つときは手でギュッと持つのではなく、ヒジで重さを感じるような強さで握ってください。手元がこの位置なら、腕に余計な力が入りません。そして、おでこの真下にボールがくるように前傾角度を合わせます。

 そうするとボールを真上から見ずに、斜めから見る状態になります。これはショットやアプローチの延長として考えることができます。ショットのときはヘッドを真っすぐ動かそうと意識することはないと思います。フォローでいかに目標方向にクラブを出していくかです。

 パッティングでもバックスイングが真っすぐ上がればいいというわけではありません。スクエアなインパクトから、いかにフォロースルーで目標方向に出していくかが大切です。

 ショットやアプローチのイメージを持って、打ち出しだけを意識すれば、体が硬くならずに、ゴミ箱に物を投げるように自分のフィーリングも出しやすくなります。

 また、それ以外にもメリットが得られます。クラブは地面と垂直に持つと軽く感じ、地面と平行に持つと重く感じます。つまり、近くに立つとクラブは垂直に近くなって軽く感じて手に力が入りやすくなりますが、ボールから離れて構えることで、パターの重さを感じられます。ショットも同じですが、クラブの重さを感じることでリズムよく振れるようになるのです。

 また、離れて構えることで視野を広く取れるメリットもあり、構えてから細かいアンジュレーションを見極めたり、打ち出したいラインを鮮明に描くことができます。

 ストロークの際には、ヒジに重さを感じたまま、リズムよく振ります。アプローチのように左サイドを目標方向に出していきます。真っすぐクラブを動かすことより、ショットやアプローチのように目標方向にしっかりヘッドを出していきましょう。

正しいセットアップの仕方

適度に前傾して腕を脱力して垂らす

↓↓↓

肩の真下に手がある位置でクラブを握るのがニュートラルポジション。ボールの位置に合わせて前傾角度をつくる

肩がスムーズに動いてヘッドを出しやすくなる

ボールから離れて構えることで、懐が広くなる。クラブの重さを感じながら目標方向にヘッドを出す意識を持てば、肩もスムーズに回ってリズムがよくなる

ボールから離れるメリット(1)
クラブの重さを感じてリズムよく打てる

クラブは地面と垂直だと軽く感じ、地面と平行だと重く感じる。近くに構えると垂直に近くなって軽く感じて手に力が入りやすいが、離れて構えれば重さを感じられるのだ


ボールから離れるメリット(2)
視界が広くなる

ボールの近くに構えるとカップを見たときに視野が狭くなる(左)。ボールから離れて構えれば、視野が広くなりグリーンのアンジュレーションや打ち出し方向がよく見える

離れた構えに慣れるドリル
(1)重さを感じて振る
離れて構えるとクラブが重く感じるので、その重さに慣れよう。グリップの両手親指を浮かせることで、クラブの重さが感じられる。親指を浮かせたままヒジで打つことで、リズムがよくなる

(2)50センチから感覚をつかむ
離れて構えるとヘッドの挙動に不安を感じやすい。3つのボールを50センチ、1メートル、1.5メートルと縦に並べて短い距離を入れることから、イメージをつかむ

週刊パーゴルフ 2014年9月9日号掲載

関連記事一覧

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ