これならできる一発脱出‼バンカーショットに難しいテクニックはいりません Part1


その1/ショットの目的意識とクラブ選択

ボール周辺の砂を前に飛ばす! この意識で脱出成功率は上がる

指導 勝又優美
バンカーから1回で出せるようになるには、まずバンカーショットのメカニズムを正しく理解しよう。サンドウェッジの選び方も大切なポイントです。


ボールの手前に打ち込むよりも砂を飛ばすことを意識
 バンカーショットはボールを直接打ちません。ボールの少し手前の砂にヘッドを落とし、砂と一緒にボールを飛ばして脱出させます。

 このとき、ボールの位置を強く意識する必要はありません。ボールの手前をダフらせようとか、ボールの手前何センチにヘッドを入れようなどと考えると、鋭角に打ち込みすぎたりしやすく、クラブが振り抜けずに脱出できなくなります。

 飛ばすのは砂です。ボールは砂の上にあるから一緒に飛ぶだけであって、考えるのは砂を飛ばすことだけでいいのです。まずは、その意識改革から始めましょう。


ボールを中心とした周辺の砂を一気に打ち抜く意識を持つ。砂の爆発力によってボールが一緒に飛んでいく

ボールを意識して鋭角に打ち込むと、フェースの刃からヘッドが砂に深く潜ってザックリになりやすい



表面の砂を
横から薄く払い飛ばす


ボール周辺の砂を薄く取って、ピンのほうに向かって飛ばす。それがバンカーショットという意識を持とう
ワイドソールのサンドウェッジが脱出をやさしくする

 サンドウェッジのソールの幅はそれぞれ違います。バンス角が同じ場合なら、一般的に幅が広いソールのウェッジのほうがバンカーショットがミスなく打てます。フェースを開くなどの操作をあまり必要とせず、砂を簡単に飛ばせるのです。バンカー専用ウェッジと称されるモデルが総じてソール幅が広いのは、そのためです。またソール幅が同じ場合は、バンス角が大きいほどやさしいといえます。ソール幅が広いウェッジもそうですが、ヘッドが砂に深く潜る危険が少なくなるのです。


ソール幅が広いサンドウェッジはバンカーショットに適している。幅が狭めのものはアプローチショット向きだ

ソール幅が広い

フェースを開かなくても、バンスが下に出っ張っている
→砂に潜りにくく、薄く払い飛ばしやすい


フェースを開かなくてもソールの出っ張りの「バンス」と呼ばれる部分を使いやすく、ソールを滑らせる感覚でスイングできるのが利点。フェースを開くと、さらにバンスが出っ張り、特に砂が軟らかいバンカーで威力を発揮する。ただし、砂が硬く締まっているバンカーではバンスが出っ張っているとトップしやすい


ソール幅が狭い

フェースを開かないと、バンスが出っ張らない

→バンカーショットではややテクニックが必要


フェースを開かないとバンスの出っ張りが出にくいので、バンカーショットでソールを滑らせて打つイメージにやや欠ける。また、フェースを開く必要があるぶんテクニックが求められる。半面、砂が硬く締まったバンカーやアプローチショットでは十分対応できるクラブ。バンカーが苦手な人に不向きといえる



ソール幅が広めのサンドウェッジが一番簡単に脱出できる

「スクールの生徒さんたちにも打ち比べてもらったところ、ワイドソールのほうが脱出成功率が高いという結果でした」と勝又はいう

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ