日下部光隆がダフリ、トップ、チョロを一気に解消[決定版] FW&UT道場~前編2~

LESSON〔3〕FW&UT
バックスイング(2)~アドレス時につくられる両肩とグリップの三角形を崩さない~

三角形をキープしたバックスイングができると体の動きを主体にしたダウンブローが手に入る!

腕と体が同調しクラブが理想のプレーンに沿って上がる

 アドレス時の両肩とグリップでつくられる三角形を崩さずにバックスイングすることも、先に紹介したアドレス時の体重配分を変えないのと同様にとても大切です。
 なぜなら三角形が崩れなければ腕と体が同調して動き、体主体のバックスイングとなり、結果的にクラブが理想のプレーンに沿って上がっていくからです。
 三角形が崩れる主な原因は小手先を使ったり、腕だけでバックスイングするから。これではクラブが理想のプレーンから大きく外れて、インサイドに入りすぎてしまいます。クラブが地面と平行になる位置まで三角形をキープする意識を持ち、体の動きを主体にしてバックスイングしましょう。


クラブが地面とほぼ平行になる位置までは三角形をキープするように意識しよう




両肩とグリップでつくられる三角形を崩さずにバックスイングすれば、クラブは理想のプレーンに沿って上がっていく(上)。小手先や腕だけでバックスイングすると、クラブが大きくインサイドに入り理想のプレーンから外れてしまう(下)


クラブが地面とほぼ平行になる位置までは三角形をキープするように意識しよう

レッスン最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ