手押しカートで9ホールをササッと回る千葉セントラルGCのプランがニューノーマルだ

新型コロナウイルスとの戦いが長期化しそうな昨今、緊急事態宣言前後から進められているゴルフ場のさまざまな感染防止対策も、すでにゴルファーに浸透してきている。レストランでのソーシャルディスタンスの確保、コンペルームや浴室・シャワールームの使用制限、バンカーレーキの撤去など、多少の差こそあれ3密や感染を防ぐあらゆる手立てが、どのコースでも取られている。
クラブハウス内に展示されている手押しカート。当日予約での貸し出しもOKだ
クラブハウス内に展示されている手押しカート。当日予約での貸し出しもOKだ 【拡大】
そんな中、思い切ったプレープランを初めて人気を博しているのが、千葉セントラルゴルフクラブ(千葉県市原市)で7月から実施されている手押しカートによる9ホールプレーだ。平日だけでなく土日も受け付けているこの企画は、手軽さが最大の魅力。一人1台ずつ手押しカートが貸し出され、セルフプレーでプレーできる。一人から予約でき(組み合わせにより2人以上でプレー)、乗用カートに乗ることがないのでソーシャルディスタンスも取れる。料金も平日4000円、土日5500円(税込み)とリーズナブルだ。
30台用意されているカートは、見た目のカラーリングもカラフルで、ひと頃の手引きカートと違ってカジュアル感がある
30台用意されているカートは、見た目のカラーリングもカラフルで、ひと頃の手引きカートと違ってカジュアル感がある 【拡大】
百聞は一見にしかず。筆者も4人で手押しカートによる9ホールプレーを体験してみた。まずは、カートへのキャディバックの積み込み。この日は完全セルフデーのため自ら行ったが、ベルトをキャディバッグに通して固定するだけだから戸惑うことはない。カート自体も最新モデルで、ベテランゴルファーがイメージする手引きカートとは一線を画すといっていいだろう。ボールやティペッグなどを入れる小物入れやドリンクホルダーのほか、傘立ても付属していて雨や真夏の日差しも防げる。しかも樹脂製のため思った以上に軽く、取り回しも楽だ。そのプレー姿を見て、「オシャレ!」「やってみたい」という声も聞かれるという。
緩やかな傾斜の続く27ホールの丘陵コース。バミューダ芝とベント芝の2グリーンで、それぞれに面白さがあることからリピーターが多い
緩やかな傾斜の続く27ホールの丘陵コース。バミューダ芝とベント芝の2グリーンで、それぞれに面白さがあることからリピーターが多い 【拡大】
千葉セントラルGCは27ホールある丘陵コースで、わずかにある緩やかな傾斜がゴルファーの技量を問う、見た目以上に戦略性の高いコース。バミューダとベントの2グリーンで、手押しカートのプレーは最もアップダウンの少ないCコースとなっている。この日はメイングリーンのバミューダを使用。支配人によれば、「バミューダは耐暑性があって硬くつくれるメリットがあり、米PGAツアーの選手も苦戦する独特のクセがあるのでショートパットも気が抜けません。楽しいですよ」という。
カートには大きめの小物入れもついていて、乗用カートのようにボールを取りにいく手間もない
カートには大きめの小物入れもついていて、乗用カートのようにボールを取りにいく手間もない 【拡大】
さて、いよいよスタート。プレーはCコースの9ホールだ。スタートホールのティショットは幸いフェアウェイをキープ。気分よくボールの場所までカートを押していく。フラットなフェアウェイでは芝の抵抗もほとんどなく、軽快に歩ける。何よりボールまで14本のクラブごと行けるので、乗用カートのようにカートとボールの間を行き来する必要がなく、気分的にもストレスがない。そのぶん考える時間に余裕ができるのもメリットだ。ただ、日頃の運動不足を痛感させられたのは、上りのフェアウェイをグリーンに向かってカートを押しているとき。緩やかな傾斜でしかないのだが、これが中高年には体幹や足腰を鍛えるいい運動になった。フィットネスクラブで汗をかくのもいいが、これならゴルフも楽しめて一石二鳥といえそうだ。
特性のホールはほぼボール1個分の深さ。ピンに触れたりすることが少ないぶん、ウイルス感染の可能性も少ない
特性のホールはほぼボール1個分の深さ。ピンに触れたりすることが少ないぶん、ウイルス感染の可能性も少ない 【拡大】
歩きだから時間がかかりそうだったが、実際のプレー時間は2時間10分。前後に乗用カートの組がいたが、前の組に付いていくことができた。乗用カートでのプレーに慣れてしまっていたため、正直このままあと9ホールを手押しカートで回る元気まではなかったが、いい運動をした後の心地よさが残った。

体験してみると、手押しカート、手引きカートでのプレーの醍醐味が堪能できるこの企画。千葉セントラルGCでは通常予約でも申し出れば手押しカートでのラウンドも可能ということなので、この手押しカート9ホールプラン以外でも楽しんでみてはいかがだろうか。

ゴルフ場最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ