ドライバーはいいのに……、アイアンがダメ! その逆も! 原因は、クラブにあります!!

クラブの造形にも深いティーチングプロの関雅史が詳しく解説
クラブの造形にも深いティーチングプロの関雅史が詳しく解説 【拡大】
ドライバーとアイアン、片方が調子いいと片方がダメ。ほとんどのゴルファーがそんな経験をしたことがあるだろう。そういった症状に悩まされるゴルファーのクラブには、共通点があった。

PGA A級ティーチングプロでクラブの造形にも深く、クラブフィッターとしても活動し、あらゆる角度からゴルフを解説できる知識と明るいキャラクターが人気の関雅史プロは、「そういった悩みで来られる方はいらっしゃいますね。ほとんどの場合、原因はクラブです。双方の相性が悪く、振り心地がバラバラでそろわず、片方しか当たらないといった状況になりやすいのです」と語る。なぜ、そうなるのか? そして、どう対処すればいいのか? 11月6日発売(一部地域を除く)の「週刊パーゴルフ11月20日号」で、それを詳しく解説する。

ゴルフ用品最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ