“ヘッドターンエネルギー構造”“スーパーデュアル弾力ボディII”により飛距離アップを実現

RMX 118ドライバー/ヤマハ

 ヘッドターン時に、打点がシャフト軸から遠くなるほどエネルギーが大きいことに着目し、フェースセンターをシャフト軸から遠くに配置した“ヘッドターンエネルギー構造”を新たに開発。

 またスーパーデュアル弾力ボディも進化させ、さらなる飛距離アップを実現。さらに慣性モーメントをアップさせた“ストレートボール構造”で直進安定性は約25パーセントアップ。

 なお、つかまえてもっと飛ばす〈RMX 218〉は11月3日に発売予定。

●価格/ヘッド単体4万3000円+税
●電話/0120-808-562
●https://golf.yamaha.com

※週刊パーゴルフ(2017年10月24日号)掲載

ゴルフ用品最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ