進化した最新ボールその驚愕性能を手に入れろ! ナイキゴルフ20XI

これまでにない画期的なコア素材を採用することで、抜群の飛距離性能とコントロール性能を発揮するナイキゴルフのニューボール〈20XI〉がデビュー。硬さとコンプレッションが異なる〈20XI-X〉と〈20XI-S〉という2モデルが登場した。

 

革新的素材による攻めの姿勢で高性能ボールが誕生

これまで高反発プラスチックを採用など、革新的な素材で既存のボールの概念を打ち破ってきたナイキゴルフ。そのナイキゴルフから、ボールの歴史を変えるのにふさわしい、まったく新しいテクノロジーを搭載した新製品〈20XI〉(ツゥエンティ・エックスアイ)が誕生した。

米化学企業・デュポン社との4年間の共同開発より完成した樹脂の一種であるレジンを、従来のボールとは異なり、コアの素材に採用しているのが〈20XI〉の特長だ。レジンは反発力が高く、しかも極めて軽量な素材。それだけにボールの初速をアップさせ、大きな飛距離アップを実現した。ナイキゴルフによると、約5〜8ヤードの飛距離アップが見込めるという。

しかも、コアが軽量化され、比重の重たいウレタン素材をカバーに組み合わせることが可能になり、高い慣性モーメントを実現した。これによりドライバーショットではスピン量を抑え、アイアンショットでは高いスピン性能を発揮できるようになった。

カバーの硬さとコンプレッションが違う2タイプを用意。〈20XI - X〉は飛距離とフィーリング追求型、〈20XI - S〉はスピンとコントロール性能の追求型だ。

コアの進化でこれまで以上の飛距離とスピン性能を実現した〈20XI〉。これらの革新的なボールを選べば、あなたのゴルフも劇的に変わるきっかけになるだろう。

 

 


現在のゴルフボールはコアの素材にラバーを採用しているのが主流だが、ナイキゴルフは高反発素材である樹脂に着目。新たに「レジン」をコアの素材として採用した。これにより初速を大幅にアップさせ、大きな飛距離を実現。また、「レジン」は素材の比重が軽いため、高慣性モーメントになり、低スピンで曲がりの少ない弾道を実現した。



従来モデル〈ワンツアー〉との比較では、ショットごとのスピン性能がより顕著になっている。ドライバーショットは低スピンで伸びのあるボールを実現。反対にアプローチショットではスピンがこれまで以上に効いて、高いコントロール性能を発揮する。



従来のラバーコア(左)のボールは、中心部のコアの密度が最も大きくなっている。これに対し、〈20XI 〉(右)は軽量な「レジン」を採用することで、重量を外側に分散させることが可能になった。これにより高い慣性モーメントを実現し、まっすぐな弾道を実現している。


問合わせ先/ナイキジャパン お客様相談室 
0120-500-719
https://www.nikegolf.jp


ゴルフ用品最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ