小さいディンプルが落ち際の飛距離を伸ばすボールが登場

大きいディンプルの周囲に小さいディンプルが施されているのが特徴的な〈JPX DE〉ボール
大きいディンプルの周囲に小さいディンプルが施されているのが特徴的な〈JPX DE〉ボール 【拡大】
 3月18日、千葉県内のゴルフ場でミズノの新しいボール〈JPX DE〉の発表会が行われた。

 同ボールは、飛球時間の約3分の1を占める、ボール速度が30メートル/秒以下に落ちる飛球後半に注目。ボール表面に世界最多となる512個のディンプルを配置、特に一般的な大きさのディンプルのほかに直径1.3ミリの極小ディンプルを配したことでボールの落ち際で揚力を得ることに成功し、飛距離アップにつながったという。

 発表会には、同社契約プロの藤井かすみのほか、元プロ野球選手で構成される「チームJPX」から、大矢明彦氏、牛島和彦氏、仁志敏久氏の3人が登場。春一番が吹くという悪コンディションの中デモンストレーションを行い、その性能を証明して見せた。

■JPX DE
●発売日:4月18日
●価格:オープン

●問い合わせ先:0120-320-799(ミズノ)
デモンストレーションをする仁志敏久氏
デモンストレーションをする仁志敏久氏 【拡大】
デモンストレーションをする牛島和彦氏
デモンストレーションをする牛島和彦氏 【拡大】
デモンストレーションをする大矢明彦氏
デモンストレーションをする大矢明彦氏 【拡大】
「落ち際を見ていると飛んでいる感じがよくわかる」という藤井かすみ
「落ち際を見ていると飛んでいる感じがよくわかる」という藤井かすみ 【拡大】

関連記事一覧

ゴルフ用品最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ