待ちに待ったピンのニュードライバーは〈G425MAX〉! 同社史上最大慣性モーメントでやさしさMAX

〈G425MAX〉ドライバー。ヘッド体積は460cm3と、〈G410PLUS〉の455cm3より大きくなった
〈G425MAX〉ドライバー。ヘッド体積は460cm3と、〈G410PLUS〉の455cm3より大きくなった 【拡大】
昨春の発売から1年半近く、トップセールスを記録してきたドライバーを筆頭に人気を博してきた〈G410〉シリーズ。その後継モデル〈G425〉シリーズがピンから発表された。ドライバー、フェアウェイウッド、ハイブリッド(ユーティリティ)、クロスオーバー、アイアンとフルラインアップとなっているが、最大の注目はドライバーの中心モデル〈G425MAX〉だ。

〈G425SFT〉ドライバーは〈同MAX〉よりも25ヤード左に飛ぶという
〈G425SFT〉ドライバーは〈同MAX〉よりも25ヤード左に飛ぶという 【拡大】
その圧倒的な打ちやすさと飛距離、そして渋野日向子が使用モデルとして売れに売れた〈G410〉の主力ドライバー〈G410PLUS〉に、同社史上最大の慣性モーメントを誇ってきたドライバー〈G400MAX〉。その2つのよさを融合したのが〈G425MAX〉だ。同社のクラブ開発ポリシーは「前作を確実に上回る性能がなければ発売しない」ということ。つまり〈G425MAX〉は〈G400MAX〉の慣性モーメントを上回り、高い方向安定性を実現しつつ、〈G410PLUS〉の飛距離性能、弾道調整機能、振りやすさも凌駕しているという、やさしさMAXの性能を実現しているというのだ。昨年秋以降、〈G400MAX〉の後を引き継ぐ〈G410〉の追加モデル〈G410MAX〉の登場が期待されていたが、ピンが出した答えがこの〈G425MAX〉といえる。
〈G425LST〉ドライバーはヘッド体積445cm3のディープフェースでコントロール性にもすぐれる
〈G425LST〉ドライバーはヘッド体積445cm3のディープフェースでコントロール性にもすぐれる 【拡大】
〈G425〉ドライバーには、〈G410〉ドライバー同様に、ヒール寄り重心でドローが打ちやすい〈G425SFT〉、強弾道かつ低スピンで〈同LST〉の3タイプがラインアップ。発売は9月18日だが、今週末にはピンのコンセプトショップなど特約店でも試打できるそうなので、さっそく試打に出向いてみて欲しい。

ゴルフ用品最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ