「グローブにもルールってあったんだ!」 ドライバーやボールに続きキャスコが違反グローブを発売へ

肉眼でも突起の高さが分かる
肉眼でも突起の高さが分かる 【拡大】
グローブでは高い国内シェアを誇る(OEMを含む)キャスコが、そのノウハウを注ぎ込んだ『ルール違反のグローブ』を発売するという。グローブにもルール規定があったことに驚く方も多いと思われるが、同社は「通常の合成皮革よりグリップ性能を38%アップさせて飛ばせるようになります」と自信たっぷりだ。

〈ゼウス・インパクト〉と名付けられたこのグローブ。名前を聞いてピンときた方もいるかもしれないが、ルール違反の反発力・ヘッド体積・シャフト性能を持たせたドライバーや高反発のボールがラインアップされている〈ゼウス・インパクト〉シリーズに新たに加わるアイテムだ。

何がルール違反なのかといえば、指から手のひらに施されているシリコンによるトレッドパターン。車のタイヤのようにブロック型のパターンで突起をつけることで軽く握ってもグリップが安定し、それによって飛距離が出るというのだ。ルールでは突起の高さを0.635ミリ以下と規定しているので、最高で0.8ミリの〈ゼウス・インパクト〉は完全にアウトというわけだ。



左右でパターンを変えることで両手グローブでもグリップしやすい。発売は10月1日
左右でパターンを変えることで両手グローブでもグリップしやすい。発売は10月1日 【拡大】
このグローブには右手用も用意されており、そちらは小指部分のブロック型パターンをなくして、違和感なくグリップできる工夫も。しっかりと両手でグリップすれば、さらに飛ばせるだろうし、〈ゼウス・インパクト〉のドライバーやボールを使ったら、いったいどのくらい飛距離が伸びるのか興味は絶えない。

ゴルフ用品最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ