現行のディアマナシリーズの集大成〈ZF〉が発表! シリーズ初の40g台はシニアに限らず気持ちよく振り切れる

価格は1本4万円+税
価格は1本4万円+税 【拡大】
国内外を問わず多くのトッププロが使用し優勝の栄誉を手にしている三菱ケミカルの〈ディアマナ〉シリーズ。このほどニューモデル〈ディアマナZF〉シリーズが発表され、明日5日には早くも、ディアマナシリーズ初の40g台モデルのみ先行数量限定発売(1000本)される。

第4世代のディアマナシリーズはこれまでBF、RF、DFの3モデルがラインアップされてきたが、その集大成といえるのが今回の〈ZF〉。「最終」や「最高」の意味を持つ〈Z〉を冠しているだけあって、従来のディアマナの開発で培ってきたノウハウを集約したモデルになっているという。

「弾道のぱらつきを抑制する強さに、インパクトに向けて力強く加速するしなやかさを加えることにより、すべてのスイングパワーをボールスピードに転換します。インパクトでフェースが開きにくく、直進性の高い弾道で、さらなる高次元の【飛んで曲がらない】を追求しています」(同社広報)という。

気になる特長だが、40g台のR2フレックスでも先端までしっかり感があり、中から先に走りが感じられてとにかく振り心地がいい。振り切れ、それでいて低スピンの強弾道で打てるのだから、シニア層だけでなく使いたくなる流行りの軽硬スペックだ。〈ZF〉シリーズには40、50、60、70、80g台のスペックが用意されるが、特長は同様で、振っていて気持ちいいし飛んでいる。40g以外は9月5日発売と、ちょっと待ち遠しいだけが残念。

ゴルフ用品最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ