【私のこだわりの一本】ヘッドがシャープに見えていい! -山添昌良-

リョーマゴルフ/マキシマ・タイプVドライバー(ロフト角9.5度)
11月17日時点で、今季シニア賞金ランキング7位につけるなど、ゴルフは50歳になっても成長できることを示してくれた山添昌良。こだわりの一本にドライバーを挙げたが……。うん? 2本ある?

ヘッドとシャフト、同じものを2本併用して使っています

 まだ10年はいっていないと思いますけど、リョーマゴルフさんのドライバーを長く愛用させてもらっています。このモデルになって2~3年かな。えっ、優勝したとき? うーん、こっちじゃないなあ。たまたま2勝とも、もう1本別のほうのドライバーだったですね。ボク、同じヘッド、ロフト角もシャフトも全部一緒のものを2本持っていて、ほとんどその日の気分によって併用して使っているんですよ。
同じドライバーがもう一本あって併用。「心配性というか、プロとして当然の流儀だと思います」と山添
同じドライバーがもう一本あって併用。「心配性というか、プロとして当然の流儀だと思います」と山添 【拡大】
 ほんのちょっと顔が違うだけで、どっちがエースってこともないんですよ。性能も一緒だから同等扱い。何でか? ヘッドが割れちゃったら困るじゃないですか。ボク、パターも、もしものときのために同じものを2本持っているんですよ。
ヘッドの後方に厚みを持たせて作られているため、ヘッドが小ぶりに見えて振りやすいという
ヘッドの後方に厚みを持たせて作られているため、ヘッドが小ぶりに見えて振りやすいという 【拡大】
 これ、ヘッド体積が460㎤あるんですけど、構えると小ぶりで、ものすごくシャープに見えるので気に入っています。初めて手にしたときから、これはいい、とビビッときて、実際、振りやすいし、ボールの弾きもよくて飛距離も出るようになりました。特に何も不満がないので、他のメーカーのドライバーを試す気も起きません。それくらいボクにピタリとはまった一本です。
打感もよく、飛距離も伸びた。装着する〈ツアーAD DJ-7(X)〉とヘッドの相性も抜群のようだ
打感もよく、飛距離も伸びた。装着する〈ツアーAD DJ-7(X)〉とヘッドの相性も抜群のようだ 【拡大】

ゴルフ人生一気に開花
山添昌良
(やまぞえ・まさよし)
1967年生まれ、大阪府出身。90年プロ転向。それまで目立った成績を残せずにいたが、今季シニア開幕戦でツアー初優勝を遂げると、自身今季3試合目で早々に2勝目をマーク。いきなりの飛躍を遂げた。シーミュージック所属

取材トーナメント・日本プロゴルフシニア選手権大会 住友商事・サミットカップ
取材・文/伊藤昇市 撮影/高木昭彦
※週刊パーゴルフ(2018年11月27日号)掲載

バックナンバーはコチラ  >>

ゴルフ用品最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ