U.S OPEN Championship 2014 全米オープン

  • Pinehurst No.2
    パインハースト No.2

    コース改修によりラフは取り除かれ、松の葉とワイヤーグラスが砂地に散りばめられている。新しくなったパインハーストの全ホールを紹介しよう。

    USGA主催の全米オープン、全米女子オープンが続けて開催される。舞台となるのは、世界を代表するゴルフリゾート「パインハースト リゾート No. 2コース」。リゾートとはいえこのコースは、アメリカが世界に誇る屈指の名門コースだ。
    1936年には全米プロ、51年にはライダーカップ、そして99年には全米オープンが初めて開催された。2005年には再び全米オープンが開催され、今回9年ぶりに戻ってくる。

    USGA競技を開催する名門コースだが、パインハーストは誰でもプレーすることができるのが大きな特徴だ。リゾート内には合計8つ(合計144ホール)のコースが広がり、それぞれのレベルに応じたコースを選択できる。また、ゴルフのみならず、世界最大級の総合リゾートとして、多くの旅行者を受け入れる。

    アメリカ南部が醸し出す伝統的な装いと、厳粛な雰囲気を持った全米オープン、全米女子オープンがいかに融合するのか。男子に続いて女子の戦いが、ましてやメジャー大会が連続して開催されるのは史上初のことだ。どんなドラマが待ち受けるのか。

    Hole 1
    Par 4Men 402YardsWomen 366Yards

    距離の短いスタートホール

    左右のラフが全て取り除かれ、砂地にワイヤーグラスが埋められた。300ヤード地点のフェアウエーにはマウンドが造られた。グリーンの奥からもラフがなくなり、松の葉とワイヤーグラスが待ち受ける。

    グリーンの右横は2番のティグラウンドになっている。奥は荒れ地が広がり、オーバーは禁物だ

    Hole 2
    Par 4Men 507YardsWomen 432Yards

    500ヤード超えで難易度の高いパー4

    男子は、前回から35ヤードほど距離を伸長。最も難しいホールの一つになるだろう。ティショットは左に並ぶ4つのバンカーを避けたい。右に逃げると荒れ地が広がり、トラブルになる可能性も。

    しっかりフェアウエーをキープしたい。距離のあるバンカーがグリーン左手前にも待ち構える

    Hole 3
    Par 4
    Men 387/329YardsWomen 330/244Yards

    ティの変更で女子はワンオンも可能に

    最長でも390ヤード前後と、スコアを伸ばしたいホール。コンディションやピン位置によってはティグラウンドを前に移し、ワンオン可能なパー4に変貌する。ただしグリーン奥はトラブルのため回避。

    距離の設定にもよるが、ドライバーで思い切った攻めができる可能性が高い。前半のバーディホールか

    Hole 4
    Par 4
    Men 529YardsWomen 451Yards

    大幅改造でタフなホールに変身

    通常のパー5のホールに新たなティを新設し、距離を伸ばしパー4とした。さらにセカンド地点の左右にバンカーを設け、グリーン左のバンカーは手前まで拡張し、パーゴルフ プラスを逃した際の難易度を上げている。

    女子でも450ヤードを超えるため、無理をせず、安全に切り抜けたい前半の難所となる

    Hole 5
    Par 5Men 576YardsWomen 503Yards

    フェアウエーバンカーを避けてバーディ

    後方にティを新設し、パー5に生まれ変わった。左のフェアウエーバンカーまで男子で290~300ヤード。これを避ければバーディも近づく。左サイドは、グリーンに近づくにつれバンカーと荒れ地が広がる。

    グリーン手前左サイドにはワイヤーグラスが待ち構えるため、確実にグリーンをとらえたい

    Hole 6
    Par 3
    Men 219YardsWomen 175Yards

    グリーンからこぼれるとトラブル

    前回開催時は最高難度を誇ったパー3。グリーンセンターをヒットしたい。少しでもラインを外れると、左右のバンカーに転がり込む。グリーン面も高いため、ショートすると転がり落ちる。

    ほぼ改修を施していない数少ないホール。男女ともに距離があるため、パーで切り抜けたい

    Hole 7
    Par 4Men 424YardsWomen 389Yards

    右ドッグレッグに要注意

    セカンド地点から大きく右にドッグレッグしたパー4。右コーナーにはバンカー群が大きく口を開けており、ここに入れるとトラブル。ショートカット狙いで飛びすぎると、左の荒れ地につかまる。

    セカンド地点右サイドのバンカーを避けて、左の広いフェアウエーを狙っても距離は残らない

    Hole 8
    Par 4
    Men 502/486YardsWomen 429Yards

    フェアウエーの傾斜に注意

    距離の長いパー4として設定される。セカンド地点の右サイドにバンカーが新設された。フェアウエーは右から左に傾斜しているため、右のバンカーを嫌って引っかけると、左の荒れ地が待ち構える。

    右のバンカーを避けたいが、左もトラブルになるためティショットの精度が重要

    Hole 9
    Par 3
    Men 191/186YardsWomen 155Yards

    横長のグリーンの攻略がポイント

    コース内で最も短いホールになる予定。ティからグリーンの間には荒れ地が広がり、コースの特色をよく表す。グリーン面は2段になっており、左から右に傾斜している。手前のバンカーに注意。

    左手前のバンカーは拡張され、1930年代の面影を取り戻した。奥行きのないグリーンが厄介

    Hole 10
    Par 5
    Men 617YardsWomen 571/455Yards

    男子は最長、女子はサービス?

    男子にとっては最長のホール。バックティとフェアウエーの間に谷があるため、女子のティグラウンドは大幅に前進する可能性がある。男子のランディングエリアは、フェアウエーが絞られている。

    グリーン奥には荒れ地が迫り、少しでもオーバーするとこれにつかまる。スコアを伸ばしたいホール

    Hole 11
    Par 4
    Men 483YardsWomen 447/375

    ベン・ホーガンお気に入りのパー4

    ベン・ホーガンが最も気に入っていたパー4。今回の改修で、その当時の面影を取り戻した。女子はコンディションにより70ヤードの違いが出る。フェアウエー左サイドに大きなマウンドあり。グリーンは右手前が安全。

    見晴らしはいいが、フェアウエーを外すと広大な荒れ地が待ち受ける。確実なドライブが必要

    Hole 12
    Par 4Men 484YardsWomen 417/362Yards

    男子は距離の長いパー4

    前回より大幅に距離が延びたホールの一つ。男子は300ヤード先、左の荒れ地マウンドに注意が必要。女子は距離が変動する可能性がある。短くなってもフェアウエー幅が狭いため、確実にレイアップか。

    このホールも、少しでもグリーンオーバーすると一気に転がり落ち、荒れ地につかまることになる

    Hole 13
    Par 4Men 382/324YardsWomen 348/242Yards

    ワンオンチャレンジのパー4

    男女ともにエキサイティングなホールになる可能性が高い。後半の難所に向けて、バーディを決めたいホール。短いティを使用することになればワンオンが可能。ただし左に外すとたちまち荒れ地につかまる。

    ティグラウンドからグリーンを望むと、左右に迫る荒れ地が目に入る。バーディホールか

    Hole 14
    Par 4
    Men 473YardsWomen 419Yards

    フェアウエー右サイドが理想

    セカンド地点左のバンカーはアゴが高いため入れたくない。ただし、右サイドにも新たに二つのバンカーが再生された。グリーンは右に外すとトラブル。極端な受けグリーンとなっており手前から攻めたい。

    コース設立時は右サイドにバンカーが4つあった。風化してしまった二つを今回再生。元の4つに

    Hole 15
    Par 3Men 202YardsWomen 156Yards

    グリーン面拡張で難易度アップ

    メジャーの中では特別距離が長いわけではないが、グリーン面を大幅に拡張し、よりピン位置の選択肢を増やすことに成功。右側のバンカーが近づいたことにより、ミスヒットが即バンカーにつかまる。

    グリーン奥の木々を切り、見通しもよくなったが、その奥は荒れ地のため、手前から攻めたい

    Hole 16
    Par 4Men 528YardsWomen 458/441Yards

    後半の難所、長くタフなパー4

    男子は前回よりティグラウンドを後方にし、右サイドの300ヤード付近にバンカーを新設した。女子にとっても距離が長く、タフなホールになる。グリーン周りのバンカーも効いており、難所の一つ。

    グリーン右手前には大きなバンカー。奥にもバンカーがあり、グリーンに沿うよう配置された

    Hole 17
    Par 3Men 205YardsWomen 184Yards

    ピン位置によって難易度が極端に変化

    男子は距離が長くなった。女子も距離があり、右手前のバンカーと荒れ地を避けたい。右奥にピンが切られた時は、ティショットで勇気が必要となる。パーセーブをして、最終ホールにつなげられるか。

    グリーン右手前はほぼバンカーと荒れ地になっているため、安全にセンターから左サイドに乗せたい

    Hole 18
    Par 4
    Men 451YardsWomen 419/383Yards

    ペインの勝利のポーズが生まれたホール

    やや右ドッグレッグのパー4。右のバンカーを越えてフェアウエーをキープしたい。グリーン右手前には二つのバンカーがあったが一つにつながり、右サイドからのセカンドの脅威となる。

    右サイドのバンカーを避けられればバーディを奪うこともできるフィニッシングホール

おすすめのコラム

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス

アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ