第143回全英オープンゴルフ THE OPEN CHAMPIONSHIP 2014 2014.7.14-7.20 / Royal Liverpool

日本人選手

1860年、スコットランドのプレストウィック・ゴルフクラブに8人のゴルファーが集まり、12ホールのコースを3ラウンドして戦ったのが全英オープンの始まり。世界最古の大会はこれまで幾多の優勝者を輩出した。栄光のクラレット・ジャグを手にしてきた名ゴルファーたちに並ぶのは誰なのか。

選手名(国)コース名
2013フィル・ミケルソン(米国)ミュアフィールド
2012アーニー・エルス(南アフリカ)ロイヤルリザム&セントアンズ
2011ダレン・クラーク(北アイルランド)ロイヤルセントジョージズ
2010ルイ・ウェストヘーゼン(南アフリカ)セント・アンドリュース
2009スチュワート・シンク(米国)ターンベリー
2008パドレグ・ハリントン(アイルランド)ロイヤルバークデール
2007パドレグ・ハリントン(アイルランド)カーヌスティ
2006タイガー・ウッズ(米国)ロイヤルリバプール
2005タイガー・ウッズ(米国)セント・アンドリュース
2004トッド・ハミルトン(米国)ロイヤルトルーン
2003ベン・カーティス(米国)ロイヤルセントジョージズ
2002アーニー・エルス(南アフリカ)ミュアフィールド
2001デビッド・デュバル(米国)ロイヤルリザム&セントアンズ
2000タイガー・ウッズ(米国)セント・アンドリュース
1999ポール・ローリー(スコットランド)カーヌスティ
1998マーク・オメーラ(米国)ロイヤルバークデール
1997ジャスティン・レナード(米国)ロイヤルトルーン
1996トム・レイマン(米国)ロイヤルリザム&セントアンズ
1995ジョン・デイリー(米国)セント・アンドリュース
1994ニック・プライス(ジンバブエ)ターンベリー
1993グレッグ・ノーマン(オーストラリア)ロイヤルセントジョージズ
1992ニック・ファルド(イングランド)ミュアフィールド
1991イアン・ベーカーフィンチ(オーストラリア)ロイヤルバークデール
1990ニック・ファルド(イングランド)セント・アンドリュース
1989マーク・カルカベッキア(米国)ロイヤルトルーン
1988セベ・バレステロス(スペイン)ロイヤルリザム&セントアンズ

> もっと見る

コース名選手名 順位
2013ミュアフィールドGC松山英樹 6位タイ
片山晋呉 44位タイ
井上信 予選落ち
藤田寛之 予選落ち
谷口徹 予選落ち
久保谷健一 予選落ち
丸山大輔 予選落ち
小平智 予選落ち
2012ロイヤルリザム&セントアンズGC藤本佳則 54位タイ
武藤俊憲 72位タイ
市原弘大 予選落ち
小田孔明 予選落ち
石川遼 予選落ち
谷口徹 予選落ち
高山忠洋 予選落ち
藤田寛之 予選落ち
2011ロイヤルセントジョージズGC池田勇太 38位タイ
高山忠洋 予選落ち
河井博大 予選落ち
平塚哲二 予選落ち
藤田寛之 予選落ち
石川遼 予選落ち
2010セントアンドリュース オールドC石川遼 27位タイ
谷口徹 60位タイ
宮瀬博文 68位タイ
藤田寛之 予選落ち
小田龍一 予選落ち
小田孔明 予選落ち
池田勇太 予選落ち
薗田峻輔 予選落ち
宮本勝昌 予選落ち
2009ターンベリーリゾート アイルサC久保谷健一 27位タイ
今田竜二 64位
石川遼 予選落ち
近藤共弘 予選落ち
池田勇太 予選落ち
矢野東 予選落ち
小田孔明 予選落ち
2008ロイヤルバークデールGC矢野東 予選落ち
松村道央 予選落ち
塚田好宣 予選落ち
今田竜二 予選落ち
谷原秀人 予選落ち
岩田寛 予選落ち
甲斐慎太郎 予選落ち
谷口徹 棄権

> もっと見る

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス

アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ