アンダーハンディでアマがプロと競い合う兵庫の「のじぎくオープン」がおもしろい!!

100個以上立てられた大会ののぼり1本々々には予選会を開催した各ゴルフ場の名称が書かれていた
100個以上立てられた大会ののぼり1本々々には予選会を開催した各ゴルフ場の名称が書かれていた 【拡大】
トップアマでもない限り、プロと試合で戦うなんて夢のまた夢。ところが、それをかなえられるオープン競技を兵庫県ゴルフ連盟が主催している。2007年から毎年晩秋に開催されている「のじぎくオープンゴルフ選手権大会」だ。アンダーハンディのアマチュアがシニアプロと戦えるこの大会。13回大会となる今年は12月4~5日、美奈木ゴルフ倶楽部で開催され、井戸木鴻樹、羽川豊、藤井かすみら男女シニアプロ30人と、101コースで開催された予選会の参加者のべ2506人から勝ち残ったアマチュア89人(うち女性14人)と前年度ベストアマの120人が参加した。

過去12回のプロ・アマ総合の優勝者は各6回ずつとまったくの五分(プロだけの順位もつけられる)。それだけに、あわよくばと優勝を狙っているアマチュアも数多く、「あこがれのプロと回ってみたい」という人も含めて、この大会への出場は、地元のゴルファーの大きな目標となっている。

その緊張からか、思うようなプレーができない人、初日終了後の予選カットという本トーナメントならではの洗礼に委縮する人などもいたようだが、逆にいい緊張感でプレーできたという声も。2日間ともに人生初ホールインワンというアマチュアが現れたのも、そのお蔭かもしれない。
10回目の参加で念願の優勝を達成した岩崎一明さん(右)とプロの部優勝の秋葉真一(左)
10回目の参加で念願の優勝を達成した岩崎一明さん(右)とプロの部優勝の秋葉真一(左) 【拡大】
競技結果はというと、初日に6アンダー(ネットスコア)で4打差のリードをつけた5年前のベストアマチュア・岩崎一明さんが、2日間トータルで4アンダーで逃げ切って念願の総合優勝。「のじぎくオープンが初めて参加した競技会だったのですが、10回目にして総合優勝できて喜びがスゴイです(笑)。最終組での優勝争いは緊張しましたが、楽しくプレーできたのがよかったです」と感無量の様子だった。

2位には1アンダーでプロの部・優勝の秋葉真一、イーブンバーの3位タイには水巻善典と君崎渉さん。プロでも3パットが続出した高速グリーンと寒さでアンダーパーはわずか2人と厳しいコンディションだったが、プロとアマチュアがいっしょにプレーをする和やかさも感じられる温かな大会だった。

イベント最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ