ジャンボ尾崎の意志を継ぐ、キュートな二人

ジャンボ軍団の愛娘、田村亜矢(左)と原英莉花(右)
ジャンボ軍団の愛娘、田村亜矢(左)と原英莉花(右) 【拡大】
16日(金)に開幕する「Tポイントレディース」の練習日、会場でひときわ目をひいたのは長身でキュートな20歳の田村亜矢と19歳の原英莉花の2人。写真でもわかるとおりキャピキャピな彼女たちだが、実はツアー通算94勝、日本ゴルフ界のレジェンド・ジャンボ尾崎の愛弟子たちなのだ。

田村は昨年プロテストに合格し、QTランキング3位で今季前半戦の出場権を獲得。原は今季TPD単年登録をし、この試合が初戦となる。二人は千葉のジャンボ邸で腕を磨く仲。同門の仲間として、年も近くお互いに刺激を受けながら切磋琢磨しているという。プロになってから二人揃ってツアーに出るのは初めてで、田村は「とても嬉しいですし、楽しみです。二人そろっていい成績を挙げられたら」と笑顔で話す。自身は開幕から2戦連続予選落ちを喫しているが、「ガツガツ行きすぎずに耐えるゴルフが必要だと思っています。攻めると守るの切り替えを大事にして頑張りたいです」と、姉貴分として今季初の予選通過も目指す。

一方の原は、QTランキング117位で出場権はなかったが、ラッキーも手伝ってチャンスが巡ってきた。今大会主催者推薦で出場予定だった横峯さくらが、前週の「PRGRレディス」で3位に入り、”直近の試合3位以内”の資格で今大会に出場することとなった。そして主催者推薦枠に1つ空きができたことで、2月下旬に行われたサイバーエージェントレディスの主催者推薦選考会でトップ通過を果たすなど、注目度の高い原にチャンスが回ってきた。

原はプロになってこれが2試合目。日曜日の夕方に急遽この試合への出場が決まり「ビックリしましたけど、嬉しいです。いい試合にしたいです」と喜びのコメントを寄せた。原はキャリーで250ヤードを飛ばす、パワーヒッター。この試合に向けて、「ドライバーがめっちゃ調子いいです!ってジャンボさんに言ったらすごく笑ってくれました。がんばってこいよ、って」と師匠から笑顔の激を受け送り出されてきたという。

撮影中二人は終始ハイテンションで周囲を明るくしてくれた。ポテトチップをクチバシのようにしてポーズを決めるなど、プロとしてのサービス精神も旺盛。今後の女子ツアーを盛り上げてくれそうな、華のあるレジェンドの愛弟子たち。二人のこれからに注目していきたい。

関連記事一覧

ツアー最新記事一覧

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

フォトギャラリー

トーナメントプロ公式サイト・ブログ