インディ・ウィメン・イン・テック選手権

米国女子

パク・スンヒョンが今季3勝目、畑岡奈紗は7位タイ

プレーオフを制し、今季3勝目をあげたパク・ソンヒョン インディ・ウィメン・イン・テック選手権(2018)(最終日) 写真・GettyImages
プレーオフを制し、今季3勝目をあげたパク・ソンヒョン インディ・ウィメン・イン・テック選手権(2018)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 パク・スンヒョン -4 -23
2 リセット・サラス -2 -23
3 エイミー・ヤン -3 -22
4 コ・ジンヨン -5 -20
5T ダニエル・カン -6 -19
5T Angel Yin -5 -19
7T ブルック・ヘンダーソン -9 -18
7T アリヤ・ジュタヌガーン -6 -18
7T イ・ミヒャン -6 -18
7T ミナ・ハリガエ -3 -18
<インディ・ウィメン・イン・テック選手権 最終日◇19日◇ブリックヤード・クロッシングGC(6,456ヤード・パー72)>

米国女子ツアー「インディ・ウィメン・イン・テック選手権」最終日。トータル21アンダー・単独首位からスタートしたリセット・サラス(米国)と、2打差を追いついたパク・スンヒョン(韓国)がトータル23アンダーで並び、プレーオフに。ソンヒョンが制し、「ボランティアーズ・オブ・アメリカLPGAテキサスクラシック」「KPMG女子PGA選手権」に続く、今季3勝目を挙げた。

また首位と6打差のトータル15アンダー・6位タイからスタートし、6月の「ウォルマートNWアーカンソー選手権」以来の2勝目を狙った畑岡奈紗は、終盤の15番までの5つスコアを伸ばし、追いかけたものの16番でダブルボギー、17番でボギーとスコアを崩す。それでも最終日18番をバーディで締め、トータル18アンダー・7位タイでフィニッシュした。

【インディ・ウィメン・イン・テック選手権 最終順位】
1位:パク・スンヒョン(-23)※プレーオフ勝利
2位:リセット・サラス(-23)
3位:エイミー・ヤン(-22)
4位:コ・ジヨン(-20)
5位T:ダニエル・カン(-19)
5位T:エンジェル・イン(-19)
7位T:ブルック・ヘンダーソン(-18)
7位T:アリヤ・ジュタヌガーン(-18)
7位T:イ・ミヒャン(-18)
7位T:ミナ・ハリガエ(-18)
7位T:畑岡奈紗(-18)

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ