マラソンクラシック

米国女子

キュートなブルック・ヘンダーソンが単独首位で優勝に王手

カナダの妖精が単独首位 マラソンクラシック(2018)(3日目) 写真・Getty Images
カナダの妖精が単独首位 マラソンクラシック(2018)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブルック・ヘンダーソン -2 -11
2T アンジェラ・スタンフォード -6 -10
2T ブリタニー・リンシカム -4 -10
4 ジャッキー・コンコリーノ -2 -9
5T Daniela Darquea -5 -8
5T Jennifer Kupcho (a) -5 -8
5T Katherine Perry -3 -8
5T セリーヌ・エルバン -2 -8
5T Caroline Inglis -2 -8
5T クリスティーナ・キム -2 -8
<マラソンクラシック 3日目◇14日◇ハイランド・メドーズGC(6476ヤード・パー71)>

米国女子ツアー第20戦「マラソンクラシック」3日目。若手の中でもキュートなルックスで人気のブルック・ヘンダーソン(カナダ)が5バーディ・3ボギーの「69」とスコアを2つ伸ばし、トータル11アンダーで単独トップに立った。

1打差の2位タイにはアンジェラ・スタンフォード、ブリタニー・リンシコム(ともに米国)。トータル9アンダーの4位にジャッキー・コンコリーノ(米国)。さらに1打差の5位タイにチョン・インジ(韓国)ら11人が続く大混戦となっている。

日本勢で唯一決勝ラウンドに進出した野村敏京はトータル4アンダー・39位タイ。上原彩子、横峯さくら、宮里美香は予選落ちとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ