ISPSハンダ・女子豪州オープン

米国女子

コ・ジヨンが完全Vでツアー2勝目 畑岡奈紗は16位終戦

初日から首位を守り通したコ・ジヨン ツアー2勝目を飾った ISPSハンダ・女子豪州オープン(2018)(最終日) 写真・Getty Images
初日から首位を守り通したコ・ジヨン ツアー2勝目を飾った ISPSハンダ・女子豪州オープン(2018)(最終日) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 Jin Young Ko -3 -14
2 Hyejin Choi -5 -11
3 Hannah Green -3 -10
4 キャサリン・カーク -7 -9
5T マリナ・アレックス -4 -7
5T ミンジー・リー -2 -7
7T チャーリー・ハル -3 -6
7T アリヤ・ジュタヌガーン -3 -6
7T Emma Talley -3 -6
7T ユ・ソヨン -2 -6
<ISPSハンダ・女子豪州オープン 最終日◇18日◇クーヨンガGC(6,599ヤード・パー72)>

オーストラリアのクーヨンガGCで行われている米国女子ツアー「ISPSハンダ・女子豪州オープン」最終日の競技が終了。この日スコアを3つ伸ばしたコ・ジヨン(韓国)が初日からの首位を守り切り、トータル14アンダーで完全優勝を達成した。昨年10月の「LPGA KEBハナバンク選手権」以来のツアー2勝目。

3打差の2位には“67”と追い上げを見せた18歳チェ・ヘジン(韓国)。4打差3位にルーキーのハナ・グリーン(オーストラリア)が入った。

今季2戦目の畑岡奈紗は3バーディ・2ボギー・1ダブルボギーとスコアを1つ落とし、トータル4アンダー・16位タイでフィニッシュ。米ツアー自身初のトップ10入りを逃している。

トータルイーブンパー・34位タイで大会を終えたアマチュア・吉田優利がローアマを獲得。同じくアマの山口すず夏は5オーバーと崩れ、トータル4オーバー・57位タイで4日間を終えた。

また、2016年大会覇者・野村敏京がトータル1オーバー・40位タイ、横峯さくらがトータル7オーバー・71位タイ。日本ツアー通算15勝の申ジエ(韓国)はトータル6アンダー・7位タイだった。

【最終結果】
優勝:コ・ジヨン(-14)
2位:チェ・ヘジン(-11)
3位:ハナ・グリーン(-10)
4位:キャサリン・カーク(-9)
5位T:ミンジー・リー(-7)
5位T:マリナ・アレックス(-7)
7位T:申ジエ(-6)
7位T:アリヤ・ジュタヌガーン(-6)他

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・米デビュー戦でローアマ獲得 17歳・吉田優利の次なる目標は?

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ