ピュアシルク・バハマLPGAクラシック

米国女子

B・リンシコムが逆転で連覇達成!上原彩子は49位、野村敏京は58位 畑岡奈紗は予選落ち

連覇を達成したブリタニー・リンシカム ピュアシルク・バハマLPGAクラシック(2018)(3日目) 写真・Getty Images
連覇を達成したブリタニー・リンシカム ピュアシルク・バハマLPGAクラシック(2018)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1 ブリタニー・リンシカム -7 -12
2 シュ・ウェイリン -5 -10
3T エイミー・ヤン -3 -9
3T フォン・シャンシャン -2 -9
5 ダニエル・カン -5 -8
6T Nelly da -4 -7
6T Bronte Law -4 -7
6T レクシー・トンプソン -2 -7
9 ブルック・ヘンダーソン -1 -6
10 レティシア・ベック -3 -5
<ピュアシルク・バハマLPGAクラシック 最終日 28日◇オーシャンクラブGC(6,625ヤード・パー73)>

連日によるサスペンデッドにより、54ホールの短縮競技となった米国女子ツアー開幕戦「ピュアシルク・バハマLPGAクラシック」は順延していた第2ラウンドを含む、全日程が終了。最終日に“66”をたたき出したブリタニー・リンシコム(米国)がトータル12アンダーまで伸ばし、逆転で連覇を達成した。

2打差の2位にはシュ・ウェイリン(台湾)。トータル9アンダーの3位タイにはエイミー・ヤン(韓国)と世界ランキング1位のフォン・シャンシャン(中国)が入った。暫定単独首位から出たカナダの妖精ことブルック・ヘンダーソンは最終ラウンドで伸ばせずトータル6アンダーの9位で終えている。

日本勢では、トータル2オーバーの49位に入った上原彩子が最上位。野村敏京がトータル4オーバーの58位タイ。ツアー2年目の畑岡奈紗は1打足らず予選落ちを喫している。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ