LPGA KEBハナバンク選手権

米国女子

野村、上原の日本勢が16位タイの好スタート!3週ぶりのアン・シネは40位タイ発進

40位タイのスタートとなったアン・シネ(写真はダンロップ女子OP)LPGA KEBハナバンク選手権(2017)(初日) 写真・村上航
40位タイのスタートとなったアン・シネ(写真はダンロップ女子OP)LPGA KEBハナバンク選手権(2017)(初日) 写真・村上航

リーダーズボード

順位 選手名 スコア 合計
1T パク ソンヒョン -6 -6
1T ミンジー・リー -6 -6
1T Min-Sun Kim -6 -6
4T リセット・サラス -5 -5
4T マリナ・アレックス -5 -5
4T クリスティ・カー -5 -5
4T Min-Ji Park -5 -5
4T シェラ・チョイ -5 -5
9T リディア・コ -4 -4
9T Jin Young Ko -4 -4
<LPGA KEBハナバンク選手権 初日◇12日◇スカイ72GC オーシャンC (6,316ヤード・パー72)>

本日開幕した米国女子ツアー「LPGA KEBハナバンク選手権」で、全選手が初日のラウンドを終了。3週間ぶりの試合出場となったアン・シネ(韓国)は、イーブンパーの40位タイのスタートとなった。

母国で開催された米国女子ツアーに主催者推薦で出場したシネは、前半を2バーディ・1ボギーの1アンダーでハーフターン。後半に入り、11番、13番、14番とボギーが続いたものの、15番と18番でバーディを取り返し、初日を“72”のイーブンパーでホールアウトした。

6アンダーの首位には、ミンジー・リー(オーストラリア)とキム・ミンソン、パク・ソンヒョン(ともに韓国)が並んだ。1打差の4位タイには、リゼット・サラス、マリナ・アレックス、クリスティ・カーの米国勢と、パク・ミンジ、シェラ・チョイの韓国勢が続く混戦となっている。

日本勢の野村敏京、上原彩子は、ともに2アンダーの16位タイで初日のラウンドを終了。上々のスタートとなっている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ