今週のトーナメント

起亜クラシック

米国女子

畑岡奈紗は最終日に大崩れ 初海外メジャーはお預けに「練習あるのみです」

アプローチに課題を残した畑岡奈紗 次戦までの2週間でしっかりと修正したい 起亜クラシック(2017)(最終日) 写真・GettyImages
アプローチに課題を残した畑岡奈紗 次戦までの2週間でしっかりと修正したい 起亜クラシック(2017)(最終日) 写真・GettyImages

リーダーズボード

<キア・クラシック 最終日◇26日◇パークハイアット・アビアラGC(6,593ヤード・パー72)>

来週の海外メジャー初戦「ANAインスピレーション」への出場を目指し、7打差16位タイから出た畑岡奈紗。だが、6バーディ・3ボギー・3ダブルボギー・1トリプルボギーの“78”と大崩れ。59位タイに沈み、初めての海外メジャーはお預けとなった。

1番で3.5mのバーディパットを決めて幸先よくでた畑岡だったが、4番でダボを叩くと流れが一変。2つのバーディを奪うも8番、9番と連続ボギー。さらに折り返しての10番、11番と連続ダボを叩くとちぐはぐなまま迎えた18番で第3打、4打のアプローチを連続でシャンク。トリプルボギーでフィニッシュと後味の悪い最終日だった。

「最終日の難しいコンディションという以前に自分がダメだった」と畑岡。「アプローチが全くダメ。ちょっとおかしいですね。中々自分の思ったところに上げられない」。それ以外のショット、パターも精彩を欠き「ラウンド中、ずっとポジティブに考えようと思っていたけど、それができないくらい、ちょっとひどかった」と吐き捨てた。

来週のメジャー出場もかなわず「もうしょうがないです。残念です」と肩を落としたルーキー。「こういう時の気分転換方法は今のところないので。練習あるのみです」と次の戦いに目を向けた。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

  • 通算13アンダーまでスコアを伸ばし、単独トップに立った李ミリム 起亜クラシック (2017)(3日目) 写真・GettyImages
  • 2015年6月以来の予選落ちとなったリディア・コ 起亜クラシック (2017)(2日目) 写真・GettyImages
  • 宮里藍はショートゲームで集中力を発揮、日本勢最高位の18位で2日目を終えた 起亜クラシック (2017)(2日目) 写真・GettyImages

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

ツアー・トーナメント

トーナメントプロ公式サイト・ブログ