全英オープン

米国男子

イタリア選手初の快挙! フランチェスコ・モリナリがメジャー初制覇 タイガー・ウッズは3打及ばず

フランチェスコ・モリナリはイタリア選手として初めてメジャータイトルを手にした 写真・Getty Images)
フランチェスコ・モリナリはイタリア選手として初めてメジャータイトルを手にした 写真・Getty Images)
<全英オープン 最終日◇22日◇カーヌスティGL(7402ヤード・パー71)>

海外男子メジャー今季第3戦「全英オープン」最終日が行われ、首位と3打差の5位タイから出たフランチェスコ・モリナリ(イタリア)が2バーディ・ノーボギーの「69」をマーク。トータル8アンダーまでスコアを伸ばし優勝を果たした。またこの優勝で、イタリア選手として初めてのメジャータイトル獲得者となった。

2打差の2位タイには、ジャスティン・ローズ(イングランド)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、ケビン・キスナー、ザンダー・シャウフェレ(ともに米国)が続いた。

10年ぶりのメジャー制覇を目指し首位と4打差の6位タイから最終日に臨んだタイガー・ウッズ(米国)は、一時単独首位に立ちながらも最後は及ばず。トータル5アンダー・6位タイで大会を終えた。昨年覇者のジョーダン・スピース(米国)はトータル4アンダー・9位タイで連覇はならなかった。

決勝ラウンドに進出した日本勢4人は、小平智がトータル1オーバー・35位タイ、川村昌弘がトータル2オーバー・39位タイ、宮里優作はトータル3オーバー・47位タイ、池田勇太はトータル4オーバー・51位タイだった。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・タイガー・ウッズに完全復活の予感? 6位終戦に見る“足りないもの”
・会心のイーグルで大会2勝目が見えたローリー・マキロイ 「ホールが足りなかった」
・「もう少しできたと思う」 日本勢最上位35位タイの小平智はショットへの自信回復
・米国勢のメジャー連勝をストップ、フランチェスコ・モリナリがイタリアに初の栄冠
・“成長した”元王者の復活間近 タイガー・ウッズが優勝姿を一番見せたい相手
・47位タイ終戦の宮里優作「手打ちでは通用しない」 次週はドイツへ
・2年ぶり決勝R進出も池田勇太に満足なし「結果が出せないと商売あがったり」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ