ザ・プレーヤーズ選手権

米国男子

タイガー・ウッズの完全復活は近い?今の目標は「もう一度BS招待に戻りたい」

大熱狂させるタイガーのプレーをメジャーでも見たい! ザ・プレーヤーズ選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images
大熱狂させるタイガーのプレーをメジャーでも見たい! ザ・プレーヤーズ選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images
<ザ・プレーヤーズ選手権 3日目◇13日◇TPCソーグラス(7189ヤード・パー72)>

前日はベストスコアタイの「65」をマークして一気にリーダーボードを駆け上がったタイガー・ウッズ(米国)だったが、この日は前半のチャージむなしく、6バーディ・1ボギー・1ダブルボギーの「69」。スコアを3つ縮めたが、トータル11アンダーの11位タイで大会を終えた。

12番までに6つのバーディ。首位と4打差まで迫ったときには、奇跡の逆転Vを期待させた。“第5のメジャー”と呼ばれる米国男子ツアーの「ザ・プレーヤーズ選手権」は、ツアーのフラッグシップトーナメントとして長らく愛されてきた。復活優勝を遂げるには絶好の場だったが、首位のウェブ・シンプソン(米国)の背中は遠すぎた。

14番をボギーとすると、アイランドグリーンが待ち受ける17番パー3ではティショットを池に入れてダブルボギー。終盤5ホールで3つ落としては、上位進出を逃しても仕方ない。それでも、「前日よりショットは良かったし、予選ラウンドの2日間に比べて、この2日間は良かった」と、決勝ラウンドでの猛チャージには満足顔だ。

予選落ちの危機からはい上がり、存在感を見せたウッズ。出場を明らかにしている「全米オープン」までには「そんなに出ないよ」と、明言はしなかったが、目下の目標は8月にある。「もう一度アクロン(WGC-ブリヂストン招待)に行きたいんだ。これで最後だから」。今年で最後の開催となる同大会への思いを口にした。

過去8度優勝している思い出の地に戻るためには現在80位の世界ランクを7月23日か30日時点で50位以内まで上げなければならない。最後のツアー優勝も同地。あれから5年。ウッズが完全復活を果たし、会場のファイアーストーンCCに戻ることはあるのか。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ