ザ・プレーヤーズ選手権

米国男子

大量リード守ったウェブ・シンプソンが逃げ切りV、タイガー・ウッズは11位

変速パッティングで勝利したウェブ・シンプソン ザ・プレーヤーズ選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images
変速パッティングで勝利したウェブ・シンプソン ザ・プレーヤーズ選手権(2018)(最終日) 写真・Getty Images
<ザ・プレーヤーズ選手権 3日目◇13日◇TPCソーグラス(7189ヤード・パー72)>

“第5のメジャー”「ザ・プレーヤーズ選手権」の最終ラウンドが終了。3日目までに2位と7打差をつけて独走していたウェブ・シンプソン(米国)が、スコアを1つ落としながらも、トータル18アンダーで逃げ切り。2014年10月以来のツアー通算5勝目を挙げた。

前日にベストスコアタイとなる「65」をマークしたタイガー・ウッズ(米国)は、この日スコアを3つ伸ばしたものの、トータル11アンダーの11位タイ。順位を下げてのフィニッシュで、トップテン入りはならなかった。

トータル14アンダーの2位にはシャール・シュワ-ツェル(南アフリカ)、ザンダー・シャウフェレ、ジミー・ウォーカー(ともに米国)。前週優勝のジェイソン・デイ(オーストラリア)とジェイソン・ダフナ-(米国)がトータル13アンダーの5位タイに入った。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ