RBCヘリテージ

米国男子

「ここまでのイメージはなかった」小平智が無欲の米ツアー初優勝

小平智、無欲の米国男子ツアー初勝利 RBCヘリテージ(2018)(最終日) 写真・パーゴルフ
小平智、無欲の米国男子ツアー初勝利 RBCヘリテージ(2018)(最終日) 写真・パーゴルフ
<RBCヘリテイジ 最終日◇16日◇ハーバータウンゴルフリンクス(7,099ヤード・PAR71)>

米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」最終日、首位と6打差の12位タイからスタートした小平智は、7バーディ・2ボギーの「66」のラウンド。トータル12アンダーで並んだキム・シウー(韓国)とのプレーオフを制して、日本人として5人目の米ツアー初優勝を遂げた。

無欲の勝利だった。午後に雷雲が接近する予報があり、最終ラウンドのスタート時間が早まった。厚い雲に覆われた朝から風が強く吹き、上位陣は伸び悩んだ。首位と6打差から出た小平は、「首位と差があったのでトップ10以内」を目標に淡々とスコアを伸ばした。1番から3連続バーディを奪うなど、前日の宣言どおり前半で3つスコアを伸ばした。この時点で首位との差は4打。

「伸ばすしかなかった」と後半に入っても10番パー4で2m、14番パー3は左奥のカラーから8mをパターで流し込み、15番パー5では2打目をグリーンサイドまで運び、アプローチを3mに寄せて、バーディを重ねた。

17番パー3はボギーとして後退。「17番のボギーで4位か5位ぐらいになっていると思った」と語ったが、実際には単独2位になっていた。最終18番パー4はパーに終わり、”クラブハウスリーダー”として後続を待った。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

ALBA.Net関連記事
・小平智の快挙達成に…妻・古閑美保も祝福
・小平智、日本人史上5人目の米ツアー勝利!優勝の瞬間~表彰式フォトギャラリー
・岩田寛の助言が生きた!米ツアー初優勝・小平智が感じた“練習日の予兆”
・尾崎将司も“ジャンボ節”で祝福!小平智の初優勝に「本人のためにならないんじゃない(笑)」

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ