バルスパー選手権

米国男子

タイガー・ウッズ 復活優勝なるか!1打差・2位タイで最終日へ

ツアー復帰4戦目のウッズ、復活優勝なるか バルスパー選手権(2018)(3日目) 写真・Getty Images
ツアー復帰4戦目のウッズ、復活優勝なるか バルスパー選手権(2018)(3日目) 写真・Getty Images

リーダーズボード

<バルスパー選手権 3日目◇10日◇インニスブルック・リゾート&GC(7,340ヤード・パー71)>

米国男子ツアーの「バルスパー選手権」第3ラウンドが終了。予選ラウンドを終えて、首位と2打差・トータル4アンダー・2位タイにつけたタイガー・ウッズ(米国)は、この日5バーディ・1ボギー「67」でラウンドし、トータル8アンダー・2位タイと優勝圏内をキープした。

前半9ホールで3つスコアを伸ばしたウッズは、後半立ち上がり10番・パー4でもバーディを奪取。13番・パー3でこの日唯一のボギーを叩くも、14番・パー5で取り返し、トータル8アンダーに。そのままホールアウトし、首位と1打差で最終日を迎えることとなった。

ウッズは米国男子ツアー復帰4戦目。優勝すれば米ツアー通算80勝目となる。

首位は、トータル9アンダーのコリー・コナーズ(カナダ)。ウッズと並ぶ2位タイには、この日「66」で浮上したジャスティン・ローズ(英国)とブラント・スネデカー(米国)がつけている。

記事提供:ALBA.Net(GGMグループ)

このラウンドのニュース

このトーナメントのニュース

関連ニュース

関連フォトギャラリー

Pargolf Members

すでに会員の方はこちら

最新トピックス


アクセスランキング

トーナメントプロ公式サイト・ブログ